アノン

ピーキー・ブラインダーズ シーズン3のアノンのレビュー・感想・評価

4.6
これまた1日で全部見てしまった。今シリーズも中毒性の高い面白い内容。

まず2話ぐらいで最終話並の衝撃的な展開が待ち構えてる。割と普通にショック受けてるし、トミーの心の傷の負いようが半端なくて苦しい。あと珍しくトミーが感情を抑えられないシーンが多くて辛い。あの手に負えないロシア女と関わるからあんな事になるんだよ。リジーにしなさい(リジー推し)。

それに比べてビックリするぐらい落ち着いたアーサー。リンダのおかげだね。女ってすごいね。

で、今シリーズからメキメキと本性を発揮し出すマイケルだけど、やっぱりエイダやポリーもマイケルのことをトミーって呼んでて笑った。お高くとまってる感じが絶妙に腹立つよね(褒めてる)。

でも最終話の最後で正直トミーのこと嫌いになった。キリアンだけどさすがに無理。何か解決策があるんだろうけど無理。俺の思い通りにしかさせない家業から抜けるなんて許さねぇ、的な考えがほんとに無理でした。

ただ今アーサーの株が上昇中なので、次のシリーズでアーサーにズタズタにされるトミー(キリアン)を期待してます。