千里

Marvel ルーク・ケイジ シーズン1の千里のレビュー・感想・評価

3.7
「マーベル・シネマティック・ユニバース」のスピンオフドラマである「ディフェンダーズシリーズ」の第3作(シーズン毎にカウントするならデアデビルのシーズン2があるので第4作だけど)。怪力に加え銃弾も跳ね返す硬い皮膚を持つルーク・ケイジの活躍を描く。

アクションシーンは「ジェシカ・ジョーンズ」よりかはあるものの、「デアデビル」に比べると少ないので個人的には物足りない。どちらかというと能力で見せるタイプだから仕方ないのかもしれないが。それから「デアデビル」や「ジェシカ・ジョーンズ」では魅力的な要素だった敵キャラが今作ではイマイチだったのも残念。でも脚本は悪くなかったし、ヒーローとしてのルークの描き方にも満足。