MAY

Marvel ルーク・ケイジ シーズン1のMAYのレビュー・感想・評価

4.0
Netflix製作のマーベル夜回り自警団ヒーロー第3弾。途中だれるところもあったけど話が進んで登場人物に愛着が持てるころにはどっぷり嵌って一気見してしまった。ともすればアメコミものだと忘れてしまう渋さと重さだけどハーレムの街の人たちがルーク・ケイジを信じ"銃を突きつけられても怯む必要のない黒人の男"という防弾の男・ルークのイデアにある種の理想を重ねて鼓舞する姿は単にヒーローに憧れる市民、というくくりでは測れない歴史を感じておごそかな気持ちになったりもした。デアデビルS2のナゾの東洋暗殺者集団にはどうもノれなかったけどめちゃめちゃ人間臭いマライアとシェイズの悪人コンビは大好きだ。