Marvel ルーク・ケイジ シーズン1のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「Marvel ルーク・ケイジ シーズン1」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

主演俳優はかっこいいのに何か物足りないアベンジャーズスピンオフ。
ヒーローなのに散髪屋の雑用と厨房のダブルワークしてるのは応援したくなる。
治療のために能力を失うシーンやラストバトルのダサいパワードスーツは突っ込みどころ。
Train

Trainの感想・評価

3.8
0
社会的弱者の目線から描いた社会派アメコミ映画『ジョーカー』以前に制作されていたMCUの異色ドラマ。『ブラックパンサー』が黒人の文化とアイデンティティの物語ならこちらは黒人社会とその闇の物語。ハーレムに潜む犯罪、決めつけによるバイアス、そして警察の黒人への過剰暴力。その角片は随所に散らばっており、ふとした瞬間ヒーロードラマではなくなっていることに気づく。パワーマンことルーク・ケイジは銃弾を跳ね返す鋼の皮膚を持つ。決して何事にも屈しないことのシンボル的なキャラだ。最終話のルークの警察署での聴取の台詞は物語としての言葉ではなく黒人を代表しての「声」なのだろう。

テーマは素晴らしい出来だったのだが物語の構成が非常にマズってた。ルーク、クヨクヨする→立ち上がる→またクヨクヨする→また立ち上がるという繰り返しが序盤の展開で面白い回、然程面白くない回が生まれる原因となってしまった。『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』よりも話の推進力が弱く、キャラの深堀りや心理描写も先程挙げた前2作ほどできてないのでそういう要素が好みな自分にとっては満足度はやや低め。盛り上がったのはラスト3話から。あとダイアモンドバック初登場時に自分はルークとの腹違いの兄であることを告白する場面があるが今までそんなこと匂わしても無かったのにいきなりそんなこと言われても納得できない。

能力が能力なのでアクションシーンはめちゃくちゃ派手ではないが別に気にならない。シャマランのイーストレイル177三部作のアクションシーンよりはアクションしてる。

カリスマのコットンマウスやクレイジーなダイアモンドバックなど割と悪役は魅力的でカッコよかった。音楽も良き。

本当なら次は『アイアン・フィスト』なんだが時間を無駄にしたくないのでパス。いよいよクロスオーバーの『ディフェンダーズ』に入るわけだがここ最近マーベルドラマばっかりだったので暫く休憩。シーズン1見てから5ヶ月立ってるGOTもあるしね…

余談

MCU版新生ブレイド役のマハーシャラ・アリが実は既にこのドラマの悪役でMCU入りしていたという事実。これからも映画とネフリのマーベルドラマとがクロスオーバーすることはないんでしょうけど、でもここらへんやっぱ気になるよなぁ...最近の『ワンダヴィジョン』でメタ的なキャラは出てきたけど、それとこれとは話が違う。配役考え直せとは言わんが...そういえば新生ブレイドはやっぱしR指定にはならんのだろうか?映画の出来はともかくウェズリー・スナイプス版はバイオレントで世界観的には合ってたし。
田口華有

田口華有の感想・評価

3.3
0
ルークかっこいい………
ひつじ

ひつじの感想・評価

4.2
0
超人的なパワーがあっても、銃を受け付けない身体でも、黒人ってだけで警察を怖がらなくちゃならないんだなって、改めて考えてしまうけど、マイノリティが自分たちの場所を取り戻す系の話はどうしたってグッとくるし、自分たちの中にヒーローがいる、自分たちは強いって信じられるっていう力強いメッセージに感動する。メソッドマンのフリースタイルのシーンは大号泣。音楽もめちゃくちゃ良かった。
ゆかちん

ゆかちんの感想・評価

2.8
0
アメコミ映画というより、黒人問題を取り上げつつの任侠映画って印象だった。

デアデビルやジェシカ・ジョーンズはヘルズキッチンが舞台やったけど、今度はハーレムへ。

ティーンが銃の闇取引のところにいってあっさり売人たちを撃ち殺したり、「人を殺しをするとは言ってない」と怒った仲間を撃ち殺したりと、デアデビルが殺さずを訴えてた命の重みがアッサリ打ち砕かれる。
その後のファミリーを裏切ったとかヘマした人たちをあっさり(しかも酷く)殺すところとかも含め、命軽いなぁ、と。この辺はやーさんの世界ということでいいのか?
まあ、他の映画でもそういうの多いけど。
実際のハーレムでも、そんなものなのか??

そんな中、ポップのお店の存在の大切さ有難さはすごく良かった。
何かしらの分別と人情はあるというか。

そして、音楽がすごくかっこよかった!
ブラックミュージックはやっぱ凄い。
ソウルやヒップホップはかっこいいな。

それと、コットンマウスを演じたマハーシャラ・アリがとても良かった。
ここでもピアノ弾いてた。
残酷だけど、必要以上の暴力沙汰は望んでなさそうなところとか。
ポップが亡くなったときの動揺と涙の演技はグッときた。
本当は望んでいなかったこの世界を生きるコットンマウスが抱える苦悩が出てるのも良かったな。
でも、途中で退場(゚ω゚)
メインヴィランは別でいるとは思ってたけど、残念。
マハーシャラ・アリは、ここで悪役やってたけど、ブレイドで主人公やるんやね!
彼のどことなく漂う品格がいいなとも思うので、楽しみ。


マライアは憎たらしいババア(あえて言う)を見事に演じて体現してたな〜。

シェイド、珍しい黒人以外のキャスト。
イケメンだけど、ニヤニヤして侮れない感じやった。
なんやかんやで狡賢い。

スカーフ、めっちゃええ感じのおっちゃんかと思いきや!
でも、彼も何かしら抱えていた。

ミスティがルークの恋人になるかと思いきや、違った。
猪突猛進というか、思い込んだら広い視野を持てなさそうなタイプだったけど、途中から見方を変えた。

クレア、最初ひったくりから荷物取り返して撃退してるとこ良かった笑。
ここでも大活躍…というか、ルークのバディかつヒロインになってた。
てか、マットにはデアデビルを辞めるよう促してたのに、ルークには活動しろって言うんやね。
まあ、ルークよりマットのが闇というかなんか複雑な性格なのもあるけど。

名前は出てたけど、いきなり出てきたメインヴィランのダイアモンドバック。
気持ちはわかるしヤキモチ焼いて恨んでるのはわかるけど、自分勝手すぎん?

アイアンマンに出てたハマー社が厳つい武器作ってるのはよくわかった笑。
あれ、でも、ハマーは捕まってなかったけ。
会社名前そのままで残ってるんだね。

しかし、最後のルークvsダイアモンドバックの闘いはストリートファイトみたいやったな。
そして、言うたら悪いけど安っぽいというか陳腐な感じがした。。。



全体的に、みんな悪いので、スッキリはせんかった。

最初のティーンたちが殺されたのは悲しいけど、全てを引き起こしたのは当人の責任だし。

でも、みんな悪いんだけど、それぞれ全てが悪ではなくて、みんなそれぞれの苦悩や正義を持ってるのもわかった。

そこに一つ歯車が狂ってしまうことが起きると、悪い方悪い方に転がっていく、というか。

なんだか辛かったし可哀想だなって感じる部分もあった。


あ、ルークの嫁レヴァ、ジェシカジョーンズで、なんであんなUSB持ってるんだろって思ってた謎が解けた。
これまた辛いね。
これも因果応報なのだろうか。


サブキャラのチェスしてたボビー良かったな。

デアデビルで、闇取引してデアデビルに怒られてた人がここにも出てきてルークに怒られてたの、面白かった笑。
この人、こうやって悪さする人やけど、ヒーローにも協力する役になりそうやね笑。



最後の方で街の人たちがルークを支えようと団結するところ良かった。

「いくら防弾男でも、黒人なら、警察殺しの容疑と言われたら、実際に無実でも逃げる」

重い現実を皮肉ってたな。


これもジェシカ同様、アメコミヒーローものというより、という印象をうけた作品でした。
honoka

honokaの感想・評価

-
0
最強の皮膚..銃どんだけ受けても進み続けるルークは見てて爽快
コットンマウスvsルークで終わらなかったのは予想外(笑)マライアをさっさと締めてくれ

クレアが大活躍で好きしかない
ルークとコットンマウスの喋りかたカッケエ
d

dの感想・評価

-
0
先にデアデビルS2まで鑑賞
S3とディフェンダーズの為に見なきゃと思って鑑賞したが、中々に入り込めない
3.4話くらいまで見て断念
sky

skyの感想・評価

4.0
0
何故ヒーローはモテモテなのか…笑
ヒーローだから?笑
とまと

とまとの感想・評価

3.3
0
ハーレムのギャングでヒーロー物って何それ面白そう!!!!と思って見始めて途中飽きてきたけど頑張った。
このヒーローの能力は不死身の体。
めっちゃ銃で撃たれても跳ね返す!
最初は楽しかったけどなにせ地味だから少しずつ飽きてくる、、、、。
戦う相手は普通の人間だしなあ〜〜

でも音楽良かったー!!!!
あの有名なビギーのポスター良い!
ポスターの前に立って王冠が重なるとか胸熱!
でも私は完全に西海岸のHIPHOPが好き。笑
でもでもメソッド・マンが歌ったのかっこよかった〜〜
でもシーズン2観るかは迷う!

そういえばNetflixのリズム+フローめっちゃ面白かった!ラップのオーディション番組。オススメです。
>|