宙2秒

Marvel アイアン・フィスト シーズン1の宙2秒のレビュー・感想・評価

3.4
クンルンはわかるが、クレーンマザー修道会という横文字はチベットぽくない。
コリーンは日本人っぽくないし、主要キャスト以外は中国系の人物が目立つ。
映画産業の中国化が見てて不安になるが、カンフーアクションは見応えはある。

が、見どころはミーチャム兄妹だろう。
お金持ちらしく傲慢でスタイリッシュな彼らが、転落していく様がじつに見事。
特に兄ウォードの演技が素晴らしい。
妹はシーズン2で悪役に転向して、パンツルックになったせいか魅力が半減してしまうし、ウォードはただの病人になってしまうので、愛憎劇は激化するものの、シーズン1での父親との確執が一番面白かったように思う。
主人公の天真爛漫さが事態を解決に導くかと思えばそうでもないし、見ていていらつく人も多いだろう。
善悪の力点が回ごとに移動するのはスリリングではあるが、絶対的なカリスマ性が不足してしまった感じだ。
勧善懲悪ではないものの難しさを感じるドラマだ。