Marvel アイアン・フィスト シーズン1のネタバレ・内容・結末

「Marvel アイアン・フィスト シーズン1」に投稿されたネタバレ・内容・結末

マーベルヒーローNetflixドラマ
ディフェンダーズメンバーのうち最後のメンバーのシーズン1

地味な4人だけど
能力という意味では1.2を争うほど地味
しかも彼単体主役のこのドラマだけでいうと
能力を発揮してるシーンがそもそも少なく
思い悩み戸惑うシーンも多いため
爽快感があまりないヒーロー

ただ、キャラクター的に
敵味方のほとんどが味があるキャラクターが多く
それぞれの動向がそれなりには気になるので
鑑賞するには悪くなかった

個人的にはウォード兄さんが好き
なんか憎みきれない人間くささがある


01.ダニーの帰還、再会と出会い、盛られる薬
02.精神病院収容、マーブルチョコの絆、光る拳
03.ダニーと認知、ランド社との訴訟開始
04.ランド社とヤミノテ、三合会との戦闘
05.合成アヘンと囚われの科学者、コリーン共闘
06.決闘三番勝負、ウォードの錯乱人質サビーヌ
07.ガオのオフィス、ウォード父殺し、3人退陣
08.ウォードの恐怖、酔拳との戦い、父の仇
09.ハロルド復活、ガオとの問答、毒を癒す気
10.バクトの施設、ヤミノテとコリーン、脱走
11.アイアンフィストとダニー、コリーン脱退
12.ジョイの負傷バクトとの決着、ハロルドの罠
13.仇の決着とウォードとの和解消えたクンルン
1〜11話まで我慢した甲斐があった…
我慢した分12,13話で一気に面白くなる。
ダニーの筋は新鮮味もなくある程度予想できるのであまり興味が湧かず。
これはウォードの成長物語だ!ウォードが父親の呪縛から解き放たれる話!ウォードの筋がめちゃくちゃ面白いのよ!!こっちの方が何百倍も感情移入できる!笑
視聴者にとってやっぱりダニーは最後までイメージのつかないよくわからない人だった。人物に魅力を感じないから見るのは辛かったな。
だからその分ウォードを…!ウォードを応援したくなるんだな…!1人で抱え込んで薬にまで手を出して…、不安定だからこそ応援したくなる…
だから最後ウォードが父にとどめを刺す展開には思わずガッツポーズを3回してしまった…
両親を殺したのはハロルドだってのははじめから予想ついてたけど終盤の怒涛の話の持って行き方が良かったから拍子抜けで終わらず良かった印象!
てかジョイどうしたんだよ最後…どうしちゃったんだよ…
「興味の持続」という意味では最後まで楽しめた作品だった。
考えの違う色んな人が出てきて、その考えのそれぞれに共感できる部分があり、主人公の考えが間違っているのかもと思わされたのが要因だと思う。
ただ、種明かしのどれもが想像の範疇だったので、肩透かしまではいかないまでも、驚きはしなかった。
だから中盤までは面白かったけど、終盤になるにつれて右肩下がりになっていった印象。
少し消化不良感もあるけど次の作品で明かされるのでしょう!
アクションはルークケイジより上、デアデビルより下くらい。
クロスオーバーにそれほどテンションが上がらなくなった。

さあ、ディフェンダーズだ!!
これ無理かもしれない。

#1、1時間で何も進まない。
#4でやっと面白くなってきたかなあ。

・・・

#12 バクトが刺されまして、からの仲間同士でたたかってるナンジャコリャー
殺せないっつって言い争いからの暴力ってどういうことなの。全然OKじゃないよ。

アイアンフィストになりきれてないダニーくんの、アイアンフィストに慣れるためのお話でした、という認識でいいのか。
marvelテレビシリーズ第4弾。

今回もオープニングから低空飛行で13話見るのがキツかった。
ストーリーは展開するが、同じところで同じキャラが右往左往してるだけ。

一番ひどいのはあまりにも魅力の無いキャラ達。
言ってることも行動も毎回バラバラで馬鹿らしいとしか言えないし、ウリらしいアクションも、太極拳と少林と空手をミックスしたようで安っぽい。

主人公たちも敵キャラも最後まで中途半端。
唯一まともなのが全シリーズ登場のクレアだけ。

映画のmarvelと比べてこちらはローティーンを対象にしてるのかも知れない。
ネタバレのレビューではなく自分用の覚え書きです。ごめんなさいm(_ _)m
******************
【メモ】
Netflixで鑑賞。
未録画。
☆…………………☆
最初つまらなくて見続けるのに不安があったけど、クレアが出てきたあたりぐらいから楽しくなってきた。クレアがどの作品より保護者的立ち位置なの笑う。
なにより、ウォード、ハロルドのどうしようもなさが、この作品の愛すべきところだと思う。

あと、途中から私の心の中のアメリカのギーク少年心が「“気”とかカッケー!東洋のアクションとか超クールじゃん!」と騒ぎ出した。あんま派手なアクション少なかったのは残念だったけど。
途中のホラー演出も好きだった。
一言で言って傑作。光った右手に光を込めて。事故死したと思われていたダニーランドが15年ぶりにNYへ。自身の両親を殺したヤミノテノボス・ガオを倒す戦いへ。しかし信じていたコーリンもまたヤミノテの人間だった。ストーリーが飽きさせない。ラストのハロルドとの一騎打ちは震える。ただクン・ルンは消え失せていた。。。
他のNetflixマーベルヒーロー達は根っからの都会人だが、世間の感覚からズレている田舎者ヒーローも新鮮で面白い。
他作品とのクロスオーバーでは、ジェシカ・ジョーンズで憎まれ役だったホガースが今作では頼り甲斐のあるキャラクターになって登場する。また、シリーズお馴染みクレアが登場。
相変わらずピンチの時に頼りになるクレア姐さんカッコいい。
全体的にダニーの子供じみた行動が気になるが、ダニーが子供過ぎるというより他のヒーロー達が複雑な問題を抱えすぎていて(勿論それがNetflixマーベルの面白さでもあるのだが)ダニーが一際幼稚に見えるんだろう。(ダニーが子供なのは間違いないけど)
それにせっかく他のヒーローと違ってアイアン・フィストの能力があるのだから、もっと派手なアクションが見てみたかった。
敵役も皆、取って付けたようなインチキ感があって、いまいち乗り切れない。
強いて言えば、バクトが魅力的だったくらいかな。
そしてこのドラマ、忘れていけないのがウォードの存在。
主人公のダニーだけでなくウォードがかなり良いキャラクターをしている。
最初はインテリの嫌な奴だったが、父親から散々こき使われてストレスとプレッシャーで弱っていく姿が、登場人物の中で一番人間味溢れている。
死体を見れば動揺するしトラウマにもなる。(途中からウォードだけシャイニングの世界にいて面白い)
ジェシカ・ジョーンズやパニッシャーなど他のヒーローは暗く重い物語が多いので、アイアン・フィストはその点明るく、シリーズの中ではかなり観やすいのでは。
次はいよいよNetflix版アベンジャーズ、ディフェンダーズ。
P.S.ニューヨーク決戦の影響で、自分をヒーローだと思い込んでる一般人が増えたという話は面白かった。
うーん 主演の頼りなさ
>|