みさご

Marvel アイアン・フィスト シーズン2のみさごのネタバレレビュー・内容・結末

3.3

このレビューはネタバレを含みます

長文メモ
アクションは前シーズンと比べ格段にレベルが上がった。特に女性陣のアクションが多く画面に華を咲かせた。ストーリー上でもコリーン・ウィングはじめ、多くの女性キャラクターが登場し、物語を動かした。全体として「強い女性」というイメージを意識した作品だと感じた。
さて、主人公ダニー・ランドだが今シーズンでもあまり好きになれなかった。クンルン崩壊への開き直り具合、アイアンフィスト移譲の際のアイアンフィストを勝ち取った者としての自覚の無さが無視できなかった。彼の様子を見ていると確かに「尊大」だとも思いたくなるなとダヴォスに同情することもあった。
好きな要素をあげるならば、第一にメアリー/ウォーカーの存在があるだろう。アリス・イヴが美しいのは勿論そうだが、彼女の演技にはどこか魅了されるものを感じた。メアリーとウォーカーはかなり異なる人格のため区別がつくが、第三の人格が圧倒的戦闘力を持ち残虐であること以外情報がなく、出てきたのか出てきていないのか分からず、不気味だった。
第二に、歴代アイアンフィストについての描写が興味をそそるものであったのは事実だ。途中登場するアイアンフィストのミイラ。そして最終話で名前を語られる過去のアイアンフィストたち。この部分を見ただけでも、打ち切りになってしまったことが悔やまれる。機会があれば、この後のダニーとウォードの旅で何が明かされていくのか、見ていきたかった。