茶一郎

ベター・コール・ソウル シーズン1の茶一郎のレビュー・感想・評価

4.6
【記録】
 『ブレイキング・バッド』に登場した悪徳弁護士ソウルの成長(?)物語。1シーズンだけなら『ブレイキング・バッド』シーズン2まで見ていること必須でしょうか。
ヴィンス・ギリガンらしい乾いた語り口は本作でも顕在で、最恐最高な終わり方をした『ブレイキング・バッド』を初期にリセットするが如く、話が軽く見やすい上、小悪である主人公が巨悪を倒す姿勢は最初のウォルターを見ているように思えてきます。
 登場人物が全員、不器用で正しくない、そんな愛おしい彼らの物語として引き込まれて見ました。