とぽとぽ

ベター・コール・ソウル シーズン3のとぽとぽのレビュー・感想・評価

4.5
ジミー × マイク × ナチョ、それぞれが誰か他人のために動くとしたら。この上なく実に見事な人間ドラマ。展開されるのは手に汗握る交渉、腹の探り合いに身内で貶め合う泥沼劇。ジミーとチャックに、引き続きサンドパイパーも。そして遂に対面するガスとヘクター。前シーズンの色々と気になるままの終わり方からドンドンと知った顔や名前、要素が出てくる喜び。ファンとしてのニヤつきにエキサイトする。ジミーの変化がすごく自然で、ジミーからソウルになっていくのを堪能できる。けどやっぱり一貫して心根の良い人、"イイやつ"なんだよな〜。なんだったらそうしたセコいことも、その理由は良いことから来ている。まぁだから僕たちは好きなんだけど、悪に染まりきれないとでも言うか。それを演じるのは相変わらずノリノリ好演でハマり役な我らがボブ・オデンカーク。ソウル・グッドマンの名前が初めて使われる#6でのCM枠を売るためのCMの勢いが最高に面白すぎて何度も見返してしまった。星型ワイプの多さよ。やっぱりいちいちうますぎる、素直に小技が効きまくり。例えば#9最後に向けての前振りも効いている。サンドパイパー問題での落とし前の付け方が格好良すぎる。ゼロにしようか?

THAT FACE! YOU BELONG ON TV! It's all good.