ベター・コール・ソウル シーズン3のドラマ情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

「ベター・コール・ソウル シーズン3」に投稿された感想・評価

普通に観てるけどスピンオフの枠超えちゃってるよね。ほんとすごいと思う。じりじりブレイキングバッドへの深みが増してくる、こんな所まで知っちゃったよ…
MNRTJM

MNRTJMの感想・評価

4.1
0

このレビューはネタバレを含みます

1話 シナボンのシーンで流れる曲 Nancy Sinatra
/ Sugar Town

2話 ロス・ポジョス・エルマノス。ガス・フリング、ヴィクター登場!!

4話 ボルサ、ドン・エラディオ登場。あのプールも。

5話 傑作。ジミーとチャックの争いに一応ケリが。

6話 ソウル・グッドマンの名前が改めて登場。リディアとクリーニング工場が。

9話 アイリーンが可哀想。ジミーひどい。

10話 チャックとジミーの最後の会話が重く心に響く…

見応えあった。ジミー本人、キム、チャック、それぞれの物語。そしてマイクの周辺はどんどんBBの遺産(?)がその色を濃くしていく。

2020年7月10日完了

以下は2周目の追記。

3-1
シナボン・シークエンスでジミーは身の前で逮捕された万引き犯に思わず「何も話さずに弁護士を呼べ」とアドバイスしてしまう。そして店で倒れる。

3-2
フランチェスカ、時間軸的に初登場。

3-3
チャックの計略で逮捕されるジミー。BGMは Little Richard / Hurry Sundown。

3-4
アバンタイトルはドン・エラディオ邸。ボルサに恥をかかされるヘクター。

3-5
アバンタイトルは病気をごまかし自宅でのディナーにレベッカを招くチャックとその片棒を喝がされるジミー。マイクがステイシーの家でケイリーと観ている映画は『ピーター・セラーズのマ☆ウ☆ス』The Mouse that Roared らしい。

ヒューエル、時間軸的に初登場。ジミーがマイクの紹介で例の獣医師に依頼していたこと、忘れていた。

何度観てもこのエピソード最高!

3-6
業務停止中にソウル・グッドマン名義でCM制作。モデルはスピルバーグ?

3-7
社会奉仕活動開始。CM制作は自転車操業。キムは過労気味。マイクはステイシーと遺族の会に参加。新しい出会いも。ジミーは自分がケヴィン・コスナーに似ているとキムに言い張る。「さよならゲーム」が引き合いに。

3-8
アバンタイトルは滑りのジミー時代。マルコとともにいまや廃屋となった実家の雑貨店跡に忍び込み、天井裏に隠したコインを詐欺に使うために回収する。

ナチョが偽薬を作るシーンで流れるシブい曲は Fink / Cold Feet。

楽器店のCM制作でひと騒動。事務所の床に寝転がりギターでSmoke on the Waterを爪弾くジミー。

マイクがガスと握手。資金洗浄の件で。これでマドリガルと繋がっていく。

3-9
マイクとリディアがマドリガルで対面。ジミーはサンドパイパーの報酬をいち早く手に入れるために… 復帰を目指していたチャックに引導を渡すハワード。メサ・ヴェルデ以外の業務も手がけ疲弊していくキム。

ハワードがジミーをゴラム呼ばわり。

モールウォーカー。店名の一つがCRAZY 8。

サンドパイパーの居住者を操ろうと企むジミーの背後にモニター。映るのは『狩人の夜』のロバート・ミッチャム。素晴らしいチョイス。BGMは Herb Alpert & The Tijuana Brass/ Popcorn。

サフィロ・アネホを飲んだフランチェスカの感想「滑らか」。

キムの交通事故の演出はショッキングだった…

3-10
アバンタイトルは短め。テントの中でジミーに本を読んでいるチャック。少年時代。

ジミーが訪ねた時、チャックが聴いていたのは It Never Entered My Mind / Miles Davis Quintet。

キムがブロックバスターで借りた10枚のDVDの中にはモンティ・パイソン(の何かは不明)と『アラバマ物語』が。実際のはなし。
くらたま

くらたまの感想・評価

3.7
0
モールウォーカー🚶‍♂️
キム😢
ハワードもわたしは憎めない
フウタ

フウタの感想・評価

4.1
0
おもしろい🤣‼️ブレイキングバットの登場人物もたいてい出てきたしこれから楽しみ〜👍
しげ

しげの感想・評価

3.9
0
遂にあのチキンの御方が、、

それぞれの人間関係が絶妙に絡み合って最後崩壊するラスト、、
衝撃でした、、
Nobhalford

Nobhalfordの感想・評価

4.3
0
魅力的でどうしようもなく駄目な登場人物たち。
各キャラクターへの愛着がシーズンを追うごとに深まりすぎて、もどかしくて堪らない
スピンオフの域を軽く超えてる
アキヒロ

アキヒロの感想・評価

4.4
0
様々な不信が増大していくシーズン。
誰に対して優しくしていくのか、そこがブレることによるさらなる負担。
重いシーズンだった。

とにもかくにも、最終シーズンではキムがいなくなるわけで、そこを頭でちらつかせながら進むのはゾクゾクする。
ヒロシー

ヒロシーの感想・評価

4.5
0
兄弟の対決に余りにも切ない一区切りがついた5話、「転落」という名の通り登場人物たちが堕ちていく9話、そこから最低限の浮上で第一部完的余韻が苦しい10話。全話胃痛もの。ストーリーテリングの巧みさは当たり前。撮影のレベルの高さも鳥肌もの。まだ半分。スピンオフが本編を超える、しかもより本編の味わいを深くしてくるなんて反則だ。ようやく出てきてくれたガス様は相変わらずかっこよすぎる。
mimotoxmimoto

mimotoxmimotoの感想・評価

4.5
0
観るのを止められない。つらい。

E5が凄まじくつらかった。誰よりも尊重していた人を、奈落に突き落とすのはどんな気持ちだろう。

ジミーもマイクも、一つ一つの選択が、まっすぐ最悪に繋がっているのがつらい。

どうか、どうか、キムだけは幸せになってほしい……。
マカ坊

マカ坊の感想・評価

4.5
0
ガス…! チャック…!!

終盤お婆ちゃんが可哀想すぎて普通にちょっと泣いた…

とりあえずエピソード5は古今東西のドラマシリーズにおける一つの到達点として人々の記憶とDNAに刻み込まれミトコンドリアの船に乗ってグレートジャーニーの旅路の果てにまた純血混血と繰り返しまた純血混血とぶつかり合ってまた純血混血と潰し合うのだろうということは置いておいて。

このシーズンからまた格段に照明の技術というか気の配り方がレベルアップしてる気がする。

エピソード4でジミーとチャックが事務所の外で話してるシーンとかもう…!

動機の「正しさ」と行為の「正しさ」のズレ。

アメリカ…!