おいも

シャープ・オブジェクト KIZU-傷-:連続少女猟奇殺人事件のおいものレビュー・感想・評価

-
六話までは意図的にミスリードしてる部分が多くて、それに未回収の伏線も結構残されている気がするが…そもそも決定的なのは、犯行に至る動機が何だったのか、が釈然しないまま。単純に愉快犯か、抑制できない衝動かだったら、すぐ馬脚を現すはずだが?要するに本作は、事件そのものが重要ではなく、心の闇に焦点を合わせているということだろうか。
カミールが森の中でかつての「儀式」に対する言及で、刑事に放った「合意のもとで行うならば、それは罪ではない」という言葉が印象的で、The Taleという映画を思い出した。このやりとりはある意味本作の核心部とも言えるのでは。