とみー

アンブレイカブル・キミー・シュミット シーズン1のとみーのレビュー・感想・評価

3.8
数々の社会問題に触れていながら、ここまで笑わせてくれるコメディドラマはそうそうない。

15年もの間監禁され、浦島太郎状態となった29歳のキミーが現代のニューヨークでどう生きていくかを描いたドラマ。設定だけを見たらシリアスなドラマかと思ったけど全然そんな事はなくて、クスッと笑えるコメディものだった。人種差別、性差別、離婚問題など、さまざまな社会問題に触れているのにここまで笑わせてくれるドラマは他にない!
小ボケには皮肉の効いたものが多く、個人的に爆笑したのは「男は手に入らないものを追い求めがち。面白いスーパーマン映画とかね。」というセリフ。(スーパーマン映画も好き…笑)


主人公のキミー自身も含め、登場人物みんなに癖があって飽きない。
・クラシカルな思考から抜け出せない、アウトローで世話焼きな大家さん。
・ちょっと利己的で常に我が道をゆく、いつでもキミーのオネエさん的存在な毒舌ルームメイト。etc...

シーズンが続くドラマでは中だるみしたり、結末がお粗末になったりすることもあるけど、このドラマはまるっと綺麗に収まったハッピーエンド。特別編の制作が決まっているらしいのでとても楽しみ。