ジョジー

アンブレイカブル・キミー・シュミット シーズン3のジョジーのレビュー・感想・評価

4.1
キミーが地下壕でできなかった様々な体験を通して浦島太郎状態から脱していく様子が微笑ましい! 
大学進学を決め勉学だけでなく人とのつながりも増えていくけど、教祖に対する憎しみからもなかなか解放されてないのは何とも…
同じく“もぐらウーマン”のグレッチェンが新たなカルト教団をつくって騒動を起こしたりするけど、決して誰も見捨てたりしないのがキミーのいいところ。
タイタスは恋人マイキーとの関係にやきもき。彼に認められようと仕事を頑張ろうとするも長続きしない。でも、彼にとってキミーの存在が大きなものになってると気づけて良かったな。
ジャクリーンは見た目今ひとつの恋人ラスを心から愛するようになっていたのに、思いがけない事故に見舞われる。だけど、その後がびっくりなんだけど!あれはいくらコメディでもやり過ぎ(笑)
男性優位の世の中に嫌気が差したキミーがフェミニスズムに目覚めるのも好き。つまずくこともあるけど、さあ過去は忘れてデロリアンで未来を見つけて!と応援したくなる。

ローラ・ダーンの登場にはびっくり。役どころもちょっぴりぶっ飛んでて良かった(笑)