ランド

Sense8 センス8 シーズン1のランドのレビュー・感想・評価

Sense8 センス8 シーズン1(2015年製作のドラマ)
-
世界各国にいる8人の "感応者" たちは、たとえ誰がどこへにいようともその空間や、その人の考えを共有することができるため、情報を教え合ったり、時には慰め合ったり、ピンチの時は助け合ったりしていたが、彼らを利用しようとする "ウィスパーズ" が現れ、それらから協力して逃げようとする話です

ウィスパーズに関しては未だ謎が多いですが、8人の感応者の過去や生い立ちはシーズン1でかなり描かれています 直面している状況や職業、過去にあったできごともほんとうにさまざまで、自分のセクシュアリティを自認し、パートナーがいながらもそのことや関係をオープンにできなかったり、家族から否定されたりしながらも、自分の信じる生き方で生きていく姿が描かれています アジア、アフリカ出身の登場人物もいて、彼ら/彼女らは個人というよりかは、家族という共同体をより大切にする価値観が描かれているように感じました アフリカ ( ケニア ) はわからないけど、アジアはそういう価値観や考え方が根強いのかなあと思ったり…… 日本も保守的な考えの人ほどその考えが根強いと思うし、韓国、インドもその考えが強いイメージがあります でもどの国でも、若い人ほど、個を大切にすると考える人が、今の時代は多いのでは、と思ったりします

前半の進みはゆっくり、後半からハラハラドキドキなシーンがたくさん出てきます 続きがとても気になるし、おすすめのネトフリオリジナル作品です