kadocks

眠れる森のkadocksのレビュー・感想・評価

眠れる森(1998年製作のドラマ)
5.0
傑作。ひたさら傑作。何回でも言うよ。傑作。
20年以上前に観た作品だがこれこそ配信するべき。DVDしかないから借りに行っても観るべき。
野沢尚氏の脚本が何より秀逸。
対照的な観察者を2人置いた事。
主人公2人を描く事が周りの脇役も投影されるように描いた事。
細かいプロットが非常に秀逸に置かれており、回収することが次のプロットにきれいに繋がる事。
ネタバレ無しだとこんな言い方しか出来ないが笑
まあとにかく優れた本。
そして何より中山美穂の際立った美しさと演技。
今観ると驚き。表情の作り方台詞の置き方など感情表現が凄い。キムタクはキムタク。中村トオルも今に繋がる善悪両方が見える巧い芝居。惜しむらくは本庄まなみの棒読み。独特で静謐な見た目は最高なのだけど。それもまあ大した弱点に見えてこないのだから驚きの演出だよ。
台詞も最近のクソ作品のように早口じゃなく余韻がちゃんと表現されていて、その分深く染みる。
あまりにも救いがない暗いストーリーなのにのめり込む演出とストーリーテリングの妙。ホント凄い。
まあその暗さも竹内まりあのテーマソングがある事で変に重くならない。ホント上手いよ。
まあ最後のオチだけ蛇足。キムタクの要望だったようだけど、画竜点睛を欠いてしまった。
あそこまでやる必要はどこにもなかったと今観れば思うのだ。