とぅん

The OA パートⅠのとぅんのネタバレレビュー・内容・結末

The OA パートⅠ(2016年製作のドラマ)
4.8

このレビューはネタバレを含みます

ブリット・マーリングが関わっているという一点で観てみたが、案の定かなり好き嫌いが分かれる内容だと思ったけど、私は結構ずっと面白かった。
というか、これまで観たドラマの中でもトップクラスに好き。

1話はどうなってるのかわかんなかったけど、プレーリーがパップに監禁されていたということが分かってからの引き込まれ具合は凄まじくて一気に観てしまった。

臨死を体験した5人が監禁された理由が、パップが死後の世界の研究をする為だったというのはわかったからは、ブリット・マーリング関係作品特有のあのスピリチュアルな方向へグイグイ向かっていく。
この時点で脱落する人は多いと思うが、私はあの5つのキーを集め始めるところとかたまらなかった。

そのキーを伝授して、ゲートを開くのに選ばれたのがあの5人だったということ、夢で予兆を観るという伏線が収束していく流れも良い。

そして、みんな問題を抱えていて、絆が出来上がってきたところでバラバラになってしまったところで、あの最終話。
最終話のあの瞬間の為にこれまでの話があったのだと思える。
何だか訳わからない感動があの瞬間にあって、どうして感動したのか説明が難しい。

というか、全体的に凄く面白かったんだけど、じゃあどんな所が面白かったのかと言われてもなかなか説明が難しい。
感じろ!ということなのか•••自分の言語化能力の乏しさを感じるような作品であった。