レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと シーズン3のドラマ情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks
  • アメリカドラマ
  • レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと シーズン3の情報・感想・評価・動画配信

レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと シーズン32019年製作のドラマ)

A Series of Unfortunate Events Season 3

公開日:2019年01月01日

製作国:

4.0

あらすじ

「レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと シーズン3」に投稿された感想・評価

綾

綾の感想・評価

5.0
3

このレビューはネタバレを含みます

は〜終わっちゃった… 最後まで楽しませてくれてありがとう。映画版とはまた違う物語。とても好きだった。原作も読みたい。

全エピソード通して、本や図書館への敬愛に満ちているのが良いなあ。
「どの図書室にも疑問を解く本が一冊はある」
「図書館は無知の大海原の小島のよう」
ヴォードレール3姉弟妹を救うのが本というだけでなく、悪役や愚かな人々が例外なく本を軽んじていたのが印象的。

「人は善悪では分けられない。良きも悪しきも刻まれ盛り込まれているサラダみたいなもの。混乱と矛盾のドレッシングがパッとかかっている」
「正義の名において行った悪行」
「火には火をもって戦う時がある。でも全てが灰になる」

まさか善悪のコントラストがこんなにはっきりした物語で、こういった言葉を耳にするとは。善悪に限らず、示唆に富むセリフやシチュエーションがとにかく多かったな。言葉あそびもいちいち知的好奇心をくすぐられた。

「準備はいい?」
「そんなの待ってたら一生出て行けない」

オラフ伯爵よりむしろ、鈍感で愚かな「善人」たちに心乱された… とてもフィクション的な物語、デフォルメされた世界観のなかで、リアリティが鋭く光り続けていた。皮肉とユーモアも。なんならこの物語自体が壮大な皮肉やもんね…
はあ〜観られて良かった。とても文学的で上質なドラマをありがとう!

「腐敗と傲慢に満ちた世界で、文学や哲学的な信念に従うのは難しい」
applea

appleaの感想・評価

5.0
0

このレビューはネタバレを含みます

ただ、(主観的に)思ったことを書きたいから何となく。

賢い子供達が馬鹿でろくに本を読みもしない大人に翻弄されていく話のような気もするし、オラフ自体が不幸な目に会いまくっている話のような気もする。

正直、オラフがあの物語の中で一番正気でマトモだったんじゃないだろうか。

実際、オラフがいなかったら本当の意味で子供達は傲慢で腐りはてて哲学やらの通じない世界で馬鹿な後見人に不幸な目に会わされ続けていただろうシーンがチラホラ合った気がする。

(自分から言わせてもらえば)子供達にとっての本当の幸せは「自分達で困難を乗り越え真実にたどり着くこと」だったのかも。

それと、(別に偉そうに映画について書きたいワケじゃないし、見下したいという傲慢さを含んだことを書きたいワケじゃない。ただ、本当にそう思った)本を良く読まず、聡明でない人というのは、でたらめであったとしても「見出し」に弱く、騙されやすく、自分の境遇について何とも思わないだろ?というようなメッセージが作品自体に暗に仄めかされているのではないかと(あくまで主観的であり、作者の意図し得ないことでは無いだろうかとも思える)思った。

つまり、長くてダラダラした文を読みたくない人間というのがこのドラマに出てくる大人達に酷似している(あくまで主観的)ような気がした。

盲目的で腐り果て暴力的な人(例えば自分のような、勿論「暴力的」というのは誤解だけど)に程、あの子供達の賢さが突き刺さるようなものがあって欲しいと(突き刺ささらないならそれで良くて、つまり、あくまで主観的に)思えるような作品だった。

超個人的に、(勿論、物事というのは多角的に、(つまり、「色んな視野で」かつ「客観性を踏まえて」)捉えなければならないけど、敢えてそれを省いて)言わせて貰えば、これは子供達が真実を得る話と言うよりは、これを観ている人が子供達の周りの大人を見て、(勿論見習わなければならない人も「各々に」いるだろうけど、この「各々に」というのは個人がこの作中の誰を尊敬に値するかは分からないから、つまり、ヴァイオリンを弾く副校長を素晴らしいと捉える人もいるだろうというような意味、かといって一概に副校長を見習えないとは言っていない)何か自分にも当てはまるんじゃないかという一考の余地が生まれる作品だった。

人間なんて善悪の混じったサラダのようなものってのは個人的に超イケてる台詞だと思う。

つまり、真実は一言で済むかも知れない。真実なんて一つなんだから一言でも済むだろう。


大事なのは、人として成長を感じ得れるような、その過程なのであって。

そんな後味を残した最高の作品で(主観的に観た)オラフ的に言えば、「こんなの観たところで馬鹿な君たちが変わる余地は無いし、なんなら観ても観なくても何が比喩で暗喩で真実か分からないから観なくていい」って感じ。
Aya

Ayaの感想・評価

-
0
記録
オゾン

オゾンの感想・評価

-
0
記録
gumball

gumballの感想・評価

5.0
0
mr.ポー、マスクしなきゃ…
nco

ncoの感想・評価

3.4
0
長かった〜〜〜〜!
もにょっとするけど終わり方がすごく好き。
もじゃもじゃ髭髪うんたらじじばばコンビ、何回聞いても混乱する。
koz

kozの感想・評価

-
0
*マクガフィンってなるほど。初めて知った。
あかほし

あかほしの感想・評価

4.6
0
めっちゃいい終わり方!
最初の歌の通りですね笑笑
冒険物語大好きなのでずーーっとハラハラ見てましたが!ある意味、never ending storyです、、
>|