MountainDew

ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン1のMountainDewのレビュー・感想・評価

4.0
うーん、前置き長い〜辛い〜
と思ってたら4話あたりから徐々に
その魅力に取り憑かれていった。
MKウルトラ計画とか裏側の世界などの
多面世界を題材にしていたり
日本の「AKIRA」や「SILENT HILL」にも
影響を伺わせるモンスター造形や超能力との交流80年代リバイバルブームを生み出し
た作品としてとっても魅力的な作品でした。
それだけでもうワクワクが止まらないしスピルバーグやJJを彷彿させる
絵作りもノスタルジックでドキドキさせる。
ウィノナ・ライダーをはじめとした
豪華ベテラン役者ももちろんだが
若きメインの役者達が軒並みみんないい。
特に3人の中の一人ゲイテン・マタラッツォ演じるダスティンがとにかく愛嬌たっぷりで可愛い。見ているだけで和む〜
あと着実に女優としてのキャリアアップしているミリー・ボビー・ブラウンのエル
超能力者としての彼女も某デコ助を
彷彿させる目力あふれるサイキックシーンと普段の何も知らなく戸惑ういながらも
3人と友情を深めていくギャップが最高。
一つの目標が達成され一時は物語は終わりを迎えたに見えたが、、
これからの展開に大いに期待。