クドゥー

ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン2のクドゥーのレビュー・感想・評価

4.5
「超ド級のラスボス、すごいぞかっこいいぞ」

既知の世界の種撒きから未知の世界へと花開いていったNetflixオリジナルシリーズの続編は、とにかく最終章で爆発させることを戦略的かつ戦術的な様式美として確立させ、アダマンタイト級の面白さへと一歩近づいたSFジュブナイルホラーの傑作。

流れとしては焼き直しの展開にどうして惹きつけられるのか、子どもを守りたい親と違う生きものとさえ言える高校生と中学生の三世代による世代間交流、なし崩し的に兄性に目覚めるスティーブとダスティンのバディとかこれが萌えずにいられるかというものだ。

特にクライムアクションとして独立したテイストを持つ第7話が顕著だが、連続性の中でもシナリオライターにより様々な顔を覗かせるのはドラマシリーズならではの粋、ゴリゴリのリア充が大爆発するというシーズン3を見るのが今から楽しみである。