みやがわ

ひとつ屋根の下のみやがわのレビュー・感想・評価

ひとつ屋根の下(1993年製作のドラマ)
4.8
そこに愛はあるのかい?ダサくも聞こえるけどマネしたくなる!名言だなー!
僕が思ういいドラマの条件の一つでみんなを役名で呼びたくなる!
キャストが今でもドラマに出るような人たちばかりで豪華!みんな若い!
特に福山雅治かっこよすぎる!
前にのりピーが事件になった時に当時悲しんでた大人の気持ちがよくわかった!
あんちゃん、チイ兄ちゃん、小雪、和也、小梅、文也みんなにエピソードがあってずっと目が離せなかった!
特に10話の終わりが衝撃的すぎ!小梅!
11話がフジテレビドラマの最高視聴率になるの納得!

兄弟って素晴らしい!愛だなぁ!
少し強引なんだけどみんなのためを想って行動するあんちゃんがかっこよすぎる!
正直に生きるって素晴らしい!
みんな兄弟のことを想ってぶつかりあって助け合って生きてた!
兄弟みんなそれぞれ問題を抱えてて大変な思いをしてるけど愛でなんとか乗り越えてた!
なんかもうみんな演技してるようにみえなくて今自分が思いついた言葉をしゃべってるようにみえてほんとに兄弟みたいだった!

ほんと名言連発でいつかまた観てしっかりメモして一生忘れないようにしたい!

僕の知らなかった平成はとてもすごい平成でした!