ルチル

ER緊急救命室ⅩⅤ <ファイナル・シーズン>のルチルのレビュー・感想・評価

4.5
Dlifeでやってるのを知り、学生の頃ハマってたなーとシーズン5くらいから懐かしく見始めたら、やっぱり面白くて毎回1時間正座してみてました。

当時も面白いと話題だったけど、こんなに続いてたとは知らなかった。
キャストが魅力的なのよね。
それに医療現場を通して、いろんな問題について考えさせられる。
舞台がシカゴで人種も多様なこともあり、患者だけでなくドクターやスタッフたちも様々な状況の人がいて、都度色んな問題が起き、悩み考えぶつかって、時に絶望しでもベストを尽くして、うまくいく時もあり、そういった人間ドラマから目が離せなくなる。

途中、カーターやルカ、プラットがアフリカに行き、その過酷さに見るのが辛くなるほどだった。でも帰ってきた彼らは何倍もたくましく心も大きくなり目を見張りました。

1話1時間が映画1本分の見応えがあったと思います。
と思ってたら、プロデューサーがスピルバーグとか。どうりでねー。

最終話も感慨深かったー。懐かしいキャストが勢ぞろい。それにレイチェル。グリーン先生とカーターのオマージュ。
シーズン1からもう一度見直したい。

モリス、来たばかりの頃、本当にどうしようもなくて大嫌いで、出てくるたびにイライラしたのに、終盤でこんなに彼を好きになるなんて!それが一番意外でした笑。