Daisuke

星の金貨のDaisukeのレビュー・感想・評価

星の金貨(1995年製作のドラマ)
3.5
酒井法子、ピーク時です。
演技もドラマも良かった。
まったく、おバカさんです。

病院を舞台に恋愛、記憶喪失、腹違いの兄弟、障害者、不倫、親子問題、医療ミス、裏金、略奪愛などなどお腹いっぱいになるくらいの要素盛りだくさんです。

最終回の伊武さん(小森副院長)と和歌子ちゃん(院長夫人)との不倫の清算のシーンが笑えます。

伊武さん「奥さん、貴方は確かに素晴らしい女性だった。その美しさであらゆるものを手に入れてきた。しかし、貴方にもただ一つ手に入れることが出来ないものがある。…若さです」

それを言ったらいかんよ、伊武さん!
そりゃ和歌子ちゃん、刺して窓から突き落としたくなるわな。

細川直美が重い女を演じてます。