Qちゃん

金田一少年の事件簿のQちゃんのレビュー・感想・評価

金田一少年の事件簿(1995年製作のドラマ)
4.7
小学生の頃、給食中のビデオに友達が「蝋人形館殺人事件」を持ってきたのが全ての始まり。子供心に物凄い衝撃を受けた。トラウマになって悪夢見るくらいグロく、怖かった。なのに、気づいたらハマりまくってた。結局ほとんどその子のビデオで第一シーズン全部観て、第二シーズンはリアルタイムで観てた。 

人生で初めてにして唯一ハマった芸能人が堂本剛くん、それも「剛くん」が好きだからではなく「一ちゃん」のキャラが好きだったから。そして人生で初めてどっぷりハマったドラマがこれ。 

このドラマの何がそんなに凄かったって、雰囲気だと思う。非現実的なほど異様な雰囲気に覆われた連続殺人事件。もちろんネタを提供する原作漫画も偉いんだけど、実際漫画を読んでみたらそれほど雰囲気が怖いわけではなく、ドラマ独特の偉大さが分かる。特に凄いのが、タイトルが出る前のオープニングの雰囲気。テーマ音楽も物凄い雰囲気があって、怖い怖い!!そしてその中において、全然原作と顔似てないのに説得力と独特の味がある堂本剛くんの金田一一くん。これは凄い。最強。パクリで作られた銀狼怪奇ファイルとか、松潤での新シリーズとか、目じゃない!私にとってやっぱ金田一&美雪は堂本剛くん&ともさかりえちゃん。剛くんの金田一フォーエバーアアッッ!!