ちぃ

13の理由 シーズン1のちぃのレビュー・感想・評価

13の理由 シーズン1(2017年製作のドラマ)
3.6
女子高生のハンナが自殺。
その子は同級生達に自殺したくなった一つ一つの出来事をテープに録音して残した。
それを聞いて色んな感情が溢れ、自分が出来なかった事を後悔し、これからすべき事は何なのかと苦悩し、関係していた同級生に問いかける主人公クレイ。

一つ一つ解き明かされるハンナの自殺の原因。
悩みや出来事の多くはティーンにありがちな悩みで、多くの人の心に響き重く苦しい気持ちになるだろう。
一つ一つの出来事が、少しでも違ってたらどうなっていたか…
学校ってこんなのあったなー
時に利用し合い、見て見ぬ振りしたり、くだらない噂話でうんざり。
上手く立ち回れるやつとかいたよねー
不器用な人間のつらさ…
親も親友も男達もみんなクソったれ!
ティーンあるあるは、観ててつらく苦しくなってなかなか一気観出来なかった。

なにより、主人公がさっさと最後までテープを聴かないくせに、感情的に他人に怒りをぶちまけたりしてる事にイライラ。

現代的な社会問題てんこ盛りの作品テーマやそれぞれの人間ドラマは面白いとは思ったけど、ダラダラしんどい話が続いて中盤あたりで観進めることが難しくなった。
内容のしんどさもあるけど、過去と現在の行ったり来たりでなかなか進まない。
テンポが悪くて13の理由とか正直途中からもうどうでもいいやという気分になった。
後半で盛り返し、11話くらいから面白くなったものの、嫌な出来事と不愉快な登場人物ばかりでしんどい。

クレイは会話も面白くて良いやつで背負い混みすぎて可哀想。
ハンナは可愛いけどなんだかんだで自己中の面倒くさい女。

人の死について考えたり、日頃何気ない言葉で他人を傷つけていないか考えるのは大切なことなので、少しキツイ内容ではあるけどティーンエイジャーこそこういった作品を観ると良いのかも。

シーズン1で終わるかと思いきや、まだ続いているのが驚き。
これ以上どう続けるのか…