ピッツア橋本

13の理由 シーズン1のピッツア橋本のレビュー・感想・評価

13の理由 シーズン1(2017年製作のドラマ)
3.7
3話まで鑑賞。
一週間前に自殺した女子高生が好きだったバイト仲間で同級生の男子高生。
ひょんな事から彼女のロッカーにあったカセットテープを手に入れ、聞いてみると自分が命を絶った理由が赤裸々に録音されていた。そしてそのテープを再生するとまるでバタフライエフェクトのように今生きる彼らのみに異変が起きる。
いや、それはむしろ彼女の死から目を伏せていた彼らの心の蝕みの始まりなのかもしれない…

といった全13話のアメリカのホームサスペンス連続ドラマ。

おそらく実在するスクールカースト的な問題をベースに構成されていると思われる内容。
このドラマがそれ名義のいじめ相談センター窓口になっている事に本作のメッセージ性や強烈なリアリティが伝わることだろう。
日本のドラマに例えるなら20年前の野島伸司『人間失格』を思い出させた。

ただ作品の質は高いのは認めるが、女の子の死から始まる映像作品がどうしても個人的に受け付けないので継続して見ることはないと思う。