fushiko

愛していると言ってくれのfushikoのレビュー・感想・評価

愛していると言ってくれ(1995年製作のドラマ)
-
1年前から観始めたけど、辛くて途中から観れていなくて、けれどやっと完走。もう最高だった。何十回ドキドキしたか分からない。私は本当にこういう、一匹狼のような孤独を抱えた男性が愛を知っていく話が持つ儚さや世界観が大好きだからもう、観てて胸がぎゅーってなってもう、いろんな感情が溢れかえった。紘子のワガママさ、というより人の話を最後まで聞かないところは本当にダメだと思う。笑 紘子の健気さが可愛いし常盤貴子は可愛いすぎるんだけど、紘子のこの自己中心的な部分は何回もギィーってなった。笑 晃司の伝えたいこと多分、半分も伝えれてないよと思いながら観てた。それでこそこの物語は廻っていくんだけど。けどもう、最高だった。特にたまらなかったのは晃司ことトヨエツの全て。もう、この頃のトヨエツになってしまいたいくらい(女です、笑)格好良すぎる。トヨエツが着る服、履く靴、そしてそれらの着こなし方、歩き方、髪をかきあげる仕草、肩をトントンってする仕草の優しさ、表情、手話、あと、走り方、もう全部が彼の等身大の魅力でないと作り出せないもののようで、最高に良い。(語彙力)10話かな?トヨエツが走り出すシーンだけで泣けてしまうくらい。榊晃司の愛の現し方がたまらない。あと、カメラワークやシーンごとの情景も大好き。いっぱいあるけどやっぱ、晃司の家の雰囲気が一番好き!お洒落。はぁ。紡ぐと止まらない。そのくらい本当に私にとってとても心に残るドラマだ。LOVE LOVE LOVEは名曲だなと。2人の気持ちに重ねて聴くと感情が大変。笑 ドリカムってやっぱり凄い。私の中で、トッケビと愛していると言ってくれは同率ナンバーワンのドラマになった !(語りすぎ)
総じて、この時代が羨ましい!!!!!私が産まれる一年前。それだけでも嬉しいけど、ほんとに羨ましい!!