papua

王様のレストランのpapuaのレビュー・感想・評価

王様のレストラン(1995年製作のドラマ)
5.0
個人的に三谷幸喜の最高傑作ドラマ。
未だにこのドラマを超えるドラマはないのでは?と本気で思ってます。

オーナーシェフが亡くなり、かつての人気フレンチレストラン「ベル・エキップ」には閑古鳥が鳴いています。
そのレストランで、頼りないけど人の良さそうな青年と精悍な顔つきのダンディなおじさんが食事をしています。
実は青年はオーナーシェフの隠し子の禄郎、おじさんはベル・エキップで過去に働いていた伝説のギャルソン、千石でした。
彼らは失墜してしまったフレンチレストランを立て直すべく奮闘するのだが…というお話です。

当時のテレビドラマで人気を博していた俳優陣と小劇場で活躍していた俳優陣に歌舞伎俳優の松本幸四郎(現白鸚)が加わり、最高のキャストで送るコメディドラマ。
ほぼレストランの中だけでお話が展開します。
三谷さんの真骨頂を堪能できるシチュエーションですし、それぞれのキャラクターが立っていて、めっちゃ笑えます。
んで、毎回格言みたいのもあるし、ほっこりするエピソードばかり!
観てない人には絶対オススメ!