Masataka

私立探偵ダーク・ジェントリー シーズン1のMasatakaのレビュー・感想・評価

4.8
ストーリーがもうめちゃくちゃ(ほめてる)。次から次にワケのわからない出来事が起こり、ワケのわからない登場人物が現れてきて、全く先が読めない展開なだけに、最初はほとんど意味不明な物事が、次第に少しずつ絡み合って収束していくのにカタルシスを感じる。これがまさに「全体論的」な展開なのだ。

天然で純粋な私立探偵ダーク・ジェントリーをはじめ、色々巻き込まれっぱなしのトッド、奇病にかかっているトッドの妹、人を殺しまくる不死身の女、人の精気を吸う革ジャンの集団、肉体派女ボディガード、不気味なハゲの集団、スチームパンク風のアイアンマン的なおっさん、犬、などが、色んなことをする。