ShinMakita

パラノイド シーズン1のShinMakitaのレビュー・感想・評価

パラノイド シーズン1(2016年製作のドラマ)
1.9
イギリス、チェシャー州。郊外の小さな町ウッドメア。
子供たちが楽しく遊ぶ公園にパーカー姿の男が現れ、突然1人の母親を刺し殺した。被害者はアンジェラ・ベントン。開業医でシングルマザー、皆に愛される善人だった。警察は、同日に行方不明になった統合失調症患者ジェイコブ・アプリーを参考人として手配をかける。ジェイコブは常にパーカー姿で近所をうろついていたからだ。しかし次の日、ジェイコブは町外れで死体となって見つかった。飛び降り自殺したかのようにみえ、事件解決と思えた。

事件の捜査に当たるウッドメア警察の刑事は三人のチーム。年嵩のボビー・デイは、仕事のストレスから心療内科に通っている。紅一点のニーナ・スレッシュは彼氏に振られて常にイライラしている。若手のアレック・ウェイフィールドはおぼっちゃまで、過保護な母親との関係に悩んでいた。色々問題を抱えている三人だったが、彼らはジェイコブが犯人ではないのではと疑い始める。謎の男が、事件の関係者に刑事を騙って質問し回っているからだ。その謎の男が、刑事たちに封書を送りつけてくる。封書には「アンジェラ・ベントンの過去を調べろ」という手紙に、怪しいフード姿の男が映るDVDが入っていた。アンジェラはドイツ・デュッセルドルフで勤務医だった頃に息子を生み、故郷ウッドメアに帰ってきた過去がある。当時アンジェラを妊娠させたのはルーベンという化学者だった。

ウッドメア署の要請で、デュッセルドルフ警察の刑事リンダ・フェルバーがルーベンに会いに行く。しかしルーベンは、家のプールで死亡していた。死因は麻薬の過剰摂取だ。事故死のようだが、ルーベンの愛人シェリーを尋問したリンダは他殺の疑いを持ち始める。その頃ウッドメアの刑事たちは、謎の男から送られてきた容疑者の写真を手に捜査を続けていた。アンジェラ殺害後もウッドメアに留まり、アンジェラの診療所などに忍びこみ何かを探しているらしい真犯人。地元の人間ではないと考えたボビーとアレックは、ドイツから入国しヨットに滞在する外国人を見つけ、聴取に訪れる。が、その外国人に不意を突かれ……



「パラノイド」。Netflixオリジナルのイギリスドラマ。


単なる異常者の通り魔的犯罪が、実は巨大な陰謀のひとつだったというストーリー。イギリスの精神的不安定な三人の刑事とドイツの陽気な女刑事というキャラの面白さ、スリリングな展開、突然のユーモア、現代的なテーマと見所が多かったです。長いドラマに手を出しにくい人にはオススメ。全8話、1日でさっくり視聴できます。