水辺の君に

僕らは奇跡でできているの水辺の君にのレビュー・感想・評価

僕らは奇跡でできている(2018年製作のドラマ)
-
大好きすぎて今まで細々と観てたんですけどやっと完走。
橋部さんの脚本と演出が良い具合に噛み合って最高の優しい素敵な世界を作り出してくれましたよね。悪意と先入観に穢されまくってる社会というスキームの中で自分自身を縛ってる生きづらさを、そのスキームでは異端とされる一輝が照らして気付かせてくれるっていうことをホント優しく描いてて。
簡単に描いてしまいそうなストーリーの流れを単純にせずに作られてたので満足の内容。あ、ラスト前の恋愛の絡みはちょっと心配しましたけどwあの着地も良かった。
何より高橋一生の演技で、一輝というキャラクタが居ないのに居る風に見える(でもいない)っていう佇まいや演技が良かったですよね。彼ありきの作品だったのは間違いありません。
「誰でも出来ることが出来るのは良いところじゃないんですか?」とか、名言のオンパレードだったのも秀逸。また時間をあけて観返したい好きな作品に出会えました。