しまけいと

ブルックリン・ナイン-ナイン シーズン1のしまけいとのレビュー・感想・評価

4.0
映画『HOT FUZZ』に漫画の『銀魂』を足したような感じのコメディ刑事ドラマ。
一話完結。一人一人のキャラが濃い。テンポが良くて、サクッと観れる。

CSIシリーズなどとは違い、複雑なトリックはなく、基本的に大学生のサークルのようなノリの仲間たちがわいわい楽しく事件を解決していく。
主人公ジェイク・ペラルタは、まるで銀さん。協調性はゼロに近いが、チームを引っ張るリーダーシップも同時に持ち合わせ、ダメ人間でありながら有能な刑事でもある、という絶妙な塩梅。
不器用でクソ真面目な新八キャラのエイミーや、不思議ちゃんなジーナ、暴君のローザ、いじられキャラのボイル、ガッチガチのマッチョなのにハートは誰よりもスイートな部長のテリー、無感情に見えて情熱的で思慮深いゲイの署長ホルト、非常に個性豊かで、どのエピソードも楽しく観られる。