北斗星281

奇皇后の北斗星281のネタバレレビュー・内容・結末

奇皇后(2013年製作のドラマ)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

まずこの作品は4部に分かれてると思う。
パート1は、スンニャンが男役で、まだコリョにいた頃。パート2は女と気づかれて元に連れていかれるとこから、雑用係・女官を経て側室試験を受けるまで。
パート3は側室になり、ヨンチョルが死ぬまで。そしてパート4は、皆死んでヤンと息子だけ生き延びモンゴルで息子を皇帝にするまで。

やはり、パート1が一番面白かったな!皆、若くてイキイキしてる。ハ・ジウォンの男役はとにかく最高にカッコ良かった!それに対してタファンが女みたいに、すぐに泣く、弱音を吐く、スンニャンに甘えまくる…。でも、パート4のタファンを見ていると、本当に気の毒でやりきれないので、若いときのタファンは逆にとても人間らしく、可愛くて、新鮮に見える。

スンニャンが側室になりヨンチョルが死んだ辺りから、ストーリーが全て勧善懲悪になってしまい、非常につまらない。キヤンかまるで、水戸黄門みたいだった。
ぺガンは頭の部分は全部タルタルに任せていて、ヤンが『この男、ヨンチョルよりずっと危険だ』という台詞があったが、どこがー??って感じです。
ヨンチョルは、物凄く存在感があり、恐ろしくてまるでヘビか虎のようでした。やっぱり悪役には天下一品でしたね。もうぺガンなんかと迫力が違いますよ。
それにしても、ヤンって側室になって権力を持ってからは周りの男を不幸にしていく妖婦とか悪女にしか見えないんですけど。
タファン、ワンユ、マハ、タルタル、結局全員死んだ。
しかも、ヨンチョルを倒すまでは『大義や復讐、コリョや元の民のため』って、まだ共感できますよ。でも、ヨンチョルが死んでからは一体何のために皇后にまでなる必要があったのか?
この時点でマハとアユルシリダラを連れてコリョに帰るわけに行かなかったの?まあ、タファンが許さなかっただろうけど。
タファンの最大の不幸は、ヤンを本気で愛してしまったことでは??そして、ワンユと5年もの間密書で繋がってた(騙されてただけだけど)、マハがワンユとヤンの子供だと、わざわざ死ぬ間際にタンギセに言われちゃったり。
そのために、タファンは非常に苦しんでアル中になり、最後はヤンと同じかそれ以上の心の拠り所としていたコルタにまで裏切られてたというのが、本当に気の毒で気の毒で見てる側もやりきれない。こんな裏切られ方ないよ!普通の人なら自殺してるかも。
それでも、最後までヤンを守るためヤンに内緒でコルタの毒を飲み続けたり、ソサングンを口封じのため、皇帝自ら殺めてしまったり。タファンもまた、命をかけてヤンを守った。

この物語、やっぱりタファンに深く同情する。
中国の皇帝って、本当に本当に孤独だったんだなあ…と。『ラストエンペラー』の溥儀だって最後は自殺未遂の末、刑務所にいれられて、悲惨な末路でしたね。
まあ、ワンユは一人でも強く生きて行けそうだから、スンニャンがいなくとも、なんとかなると思っていた。
ヤンは男をダメにしていく、サゲマンだよね。

タファンの次に可哀想なのは、マハでしょう。本当の両親を知らずに亡くなるわけだし、ヤンも保身第一で実の親なのにマハに母だと告白しないんだから。自分で産んどいて最低だよね。
タナシルリも、普通の家庭のお嬢さんで、ごく普通の男に物凄く惚れられてたら、幸せになれたんじゃないかと思う。この人すごく可愛いらしい顔してるし、黒目の面積ハンパない!(コンタクト入れてるのかな?)ハ・ジウォンより若いから、髪の毛すごい艶々してるし。
あと、最後までヤンの後ろ楯になったタルタルも、聡明で強い女性が好みだったのかなあ?ハ・ジウォンはモテモテですね。

私は女性ですが『病院船』を見て、ハ・ジウォンの男より男らしいとこに一目惚れして(同性に人気ありそうな人ですよね)『奇皇后』見たけど、ハ・ジウォンのイメージがすっかり悪くなりましたね笑。
スンニャン(成り上がるまで)は好きだったけど、結局権力を持ってからはヨンチョルと同じに見えるんですよね。だから、キヤンは嫌いってとこかな