リタ

GIRLS®/ガールズ シーズン1のリタのレビュー・感想・評価

GIRLS®/ガールズ シーズン1(2012年製作のドラマ)
3.4
ハンナがほんとだらしない。
ハンナ見てると「自分には力があるのに。
上手く行かない、こんな筈じゃない」
とか思ってた頃を思い出して吐き気する。

アダムはクズ。
アダムみたいな男まじ、百害あって一利なし
なのに執着しちゃうダメなタイプの真っ直ぐさ。
分かり過ぎて昔のこと思い出して、気付いたら
「グワワァァア」って頭抱えて床転がっちゃう。


いやほんとアダムみたいなやつ
一緒の時間長引くと心身すり減らすし
そもそも育つタイプじゃないから時間の無駄。
ハンナは自分に自信無いにも程がある。
互いのためにならないし絶対離れたほうがいい。

…まあいいや。なんというかこのドラマ、
疲れるタイプの共感が満載なんだよね。



SATCの話が1話で出てくるし
きっとGIRLSはSATCを凄く意識してると思うが
その割に4人だけの描写が無いよね

SATCってあの朝食シーンが核になってるけど
GIRLSはお決まりの集まりが他人のパーティ。
最初は一緒だけどけどすぐ解散する。
仲良いのか?

しかしなぜSATCの4人は
あれほど直情的でパワフルであったのに対し
GIRLSの4人は
これほどにうじうじしてて陰湿で回りくどいのか。

時代のせいなのか。
それとも若さのせいなのか。

そうではなくて
そういう人間達を主役に据えてるだけなのか。


GIRLSの痛々しさを笑えたら良かったんだけど
現実的過ぎて。
共感して楽しめるよりは苦しいかなー

自意識で雁字搦めになって動けない人間を
わざわざドラマで見たいと思わない。

ジェッサはその点好きかな。行動力が鬼。
最初の妊娠のくだり以外はスカッとする。


オープニングタイトルのロゴが
いつも違っていつも可愛い。

ハンナが実家に帰るエピソードは、
ハンナが珍しく前向きで正直だった。
脚本も上手くて、清々しくて切なくてすきな回。