Ash国立ホラー大学院三年

ウエストワールド<ファースト・シーズン>のAsh国立ホラー大学院三年のレビュー・感想・評価

4.2
【人工知能の反乱】

『レッド・デッド・リデンプション』(GTAの西部劇バージョン)を極限までにリアルにしたような世界観。そこでの''ゲスト''(いわゆるプレイヤー)のゲーム的でサディスティックな''お楽しみ''や、背後で進行する陰謀を描いた作品。プロット重視で時間軸がバラバラだったり思わせぶりな引用も多く、小難しい印象。クリストファー・ノーランっぽい雰囲気。血は逆らえないな。

最初はちょっと意味がよく分からない感じがあったけど、徐々にサスペンス的(ある視点ではホラー・オカルト的)な雰囲気になっていき、噛み締める事に味が出てくるスルメのようなドラマだ。
中毒性やエンターテインメント性では『プリズンブレイク』に軍配が上がるが、この奥深い世界観とテーマ性は何シーズンも見守っていきたいと思わせる力がある。『プリズンブレイク』とは違う良さが間違いなくこのドラマにはあると思う。

これは壮大な物語の1部。歴史的革命譚の序章。
シーズン2はBSスターチャンネルで放送中。6/16(土)に第1話~第4話まで一挙放送するらしいから、この際加入しちまうか。「ショーグンワールド」とか超気になるw


「人間が孤高の存在なのは、優位性を脅かす者たちを抹殺したからだ」