kaz

ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記のkazのレビュー・感想・評価

4.5
ドラクエ、所謂RPG的な世界観を期待していたが(その点はちょっと違うが)、見事にどハマりした!
海外版大河ドラマといった感じなのだが、個人的にはもう少しファンタジー要素強めでも好きだ。


【第1話 4.0】
登場人物多かったり、エロいシーン多かったりするが一発でハマった。めっちゃ面白い!完璧な第1話。

【第2話 4.0】
第1話に続きラストの引きの力が凄い。陰謀が渦巻き始めた。あとドラゴンの卵?が気になる。

【第3話 3.9】
知らん間に色々と話が進んでいるようなので集中力が必要だ。名前が全然覚えられんが皆人間的に成長しつつあるように感じた。

【第4話 3.9】
一気に話が難しい〜!歴史と相関図を用意してくれっ!

【第5話 3.8】
彼は唯一信頼に値する人物だと確信…しかし逆に小鬼は信頼できるか否か、まだ全く掴めない。

【第6話 3.9】
退場早っ!そして退場の仕方(させられ方?)が斬新。

【第7話 4.2】
欠けていたパズルのピースが埋まるように話が転がり始めて心地良くもあり、またスリリング!

【第8話 4.0】
絶体絶命的な窮地に立たされた絶望感があり、尚且つ敵の憎らしさが際立つ回。

【第9話 4.2】
怒涛のというか、衝撃の展開であった。でもやられたからには是非とも倍返ししてほしい。

【第10話 4.1】
ゼロからのというか、マイナスからのスタート的なドン底感が好きだ。そして待ちに待ったファンタジー感…次シリーズも楽しみ。