伊芹彼方あるいはZERNAT

ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記の伊芹彼方あるいはZERNATのレビュー・感想・評価

4.0
伝統に囚われ選択を誤り続ける人々。考えうる限り最悪な方向に事が転んでいくのが面白い。
めちゃくちゃ予算かかってるみたいだけど、ゴテゴテのCGじゃなくて生々しいSEX&VIOLENCEに振り切ってるのが良い。
観始めると登場人物の多さ・設定の緻密さに気圧されるが、慣れると止まらない。ジョン、デナーリス、ティリオンが特に好き。どの陣営も一概に善だ悪だと断定できないのがミソ(ネッドは良い人だったけど)。

絵に描いたような内憂外患にネッドは心身共にボドボドで、観てるこちらの胃も痛い。ジェイソン・モモア(アクアマン)演じる蛮族の長は出てくる度笑う。