朗

ゲーム・オブ・スローンズ 第四章:戦乱の嵐-後編-の朗のレビュー・感想・評価

-
シーズン4の8話まで観たので適当に感想を書く。
中世のイギリスを舞台にしている?っぽい世界で起こる幾つもの名家が覇権争いするというドラマ。魔法やドラゴン等が出てくるファンタジーだけれど、政治と戦争に重きを置いていて思っていたほどファンタジーの色は濃く無い。
このドラマは幾つかのパートに分かれていて主人公と呼べそうなキャラクターが何人もいるが大方スターク家の面々が主人公と言って良いのかな?その中ですでに父、母、長兄は殺されてしまって残るは長女サンサ、次男ブラン、次女アリア、三男リコン、それに落とし子ジョンである。まだ結構いるな。だけれど今はそれぞれ別行動をしている。どのキャラクターにも幸せになって欲しいんだけど、サンサはクソ男共に振り回されっぱなしで精神的にズタボロなのでどうにか幸せになって欲しいんだが、サンサが幸せになるルートってどんなだろ?物語の最初にサンサが思い描いていた幸せって王子様と結婚して王妃になって王子を生んでキングスランディングで贅沢な暮らしをする事だったと思うんだけど、この世界は腐ってて男たちは王座を狙い保身に走り、女は振り回されるって世界で実際に王妃の立場になったときは人生で最も辛い時期だったはずだろう。
自分がこの物語の作者だったら、サンサに更なる良き伴侶が現れて幸せに暮らしましたとはしないと思うけど、どーなんだろう。
サンサは今のところ政治利用されっぱなしで本人が能動的に何かをしたことって全然ない。今までその必要が無かったしサンサの思う幸せの範囲にそれが入っていないから。
サンサ本人に政治手腕があるとか、没頭出来る何かがあるって描写が今のところあまり無いから、サンサがどうなっていくのかが想像出来ないな。この物語は貴族たちが殺しあってばかりで、まあ覇権争いの話なのだから仕方ないけど、じゃあサンサが北の君主としてフィンターフェルを治めるって終わりだったら、それはやっぱり貴族達の血族主義の肯定って気がしてちょっと嫌かも。両親も居なくて妹弟とも特別仲がいいわけでもなさそうだし、友達もいなそー。シーズン1の時点で結構嫌なやつっぽかったしな。
サンサの幸せってなんなんだ…GOT後半で彼女の幸せが見えてくると良いな…
ジョンはスターク家ではやや居心地が悪かったり母親がだれかわかっていなかったりと、自分の本来の居場所を見つけたいのかな。でも落とし子でも貴族として暮らしてきたし、顔もかっこよくてどんな場所でも適応できて五体不満足で、その辺の野垂れ死ぬ平民よりめちゃくちゃ幸せなんじゃん?とも思ってしまうが…
アリアはこの後ブレーヴォスで剣術をみがいて、王家に使える剣士になるみたいなのが妥当かな。復讐したいやつ全員ぶっ殺して欲しい。アリアは最初から剣や弓をやりたい人でそれを極めることが彼女の幸せだろうから幸せが何かわからないサンサとは対照的でだからこそサンサにはサンサなりの幸せが見つかって欲しいんだよな。
ブランは今のところ三つ目の鴉を見つけることが目的だけれど、この子にとっての幸せも今のところわかんない。下半身不随になってしまったけど、その引き換えに狼潜りの力を得て、ブランは一人では動けないけど動物の身体に入ってどこにでも行ける。誰よりも視野の広い人物になるわけだから、貴賎性別の格差を是正する優しい人物になってほしい。自身が障害を負ってしまって社会的弱者になったというのももしかすると大きな物語の中でのポイントになるのかも。
リコンはよく分からないけど、まだ子供だしここからマウンテンみたいな馬鹿でかい身体になって最強の戦士になるみたいな事もありうるかもしれんけど今のところ興味ない。
あとはデナーリスか。クソ男どもとホワイトウォーカーを焼き払い奴隷を解放しウェスタロスの君主となってくれ。
以上、シーズン4最後どーなるんだろか?まだ全体の半分だなー。ホワイトウォーカーが意外と良いやつみたいなオチだったら面白いかも知れん…