ゲーム・オブ・スローンズ 第五章: 竜との舞踏のネタバレ・内容・結末 - 9ページ目

「ゲーム・オブ・スローンズ 第五章: 竜との舞踏」に投稿されたネタバレ・内容・結末

順調におさらい中。野望の犠牲になる子供たちが可哀想すぎる。シリーンの死は本当にショック。ダヴォスとの友情… 。・゚・(ノД`)・゚・。 そしてついに反抗したシオンに拍手!それを待ってたのよーー!
デナーリスに追放されたジョラーさんが娼館でカリーシコスプレの娼婦にぐぬぬってなってるところ最高じゃないですか?
ここまで感情をぐちゃぐちゃにされる作品は他にはない気がする。
最終章の時点で誰が生きてるかはだいたい知ってるから、その辺は安心して見てられるけどそれでも色々と辛かった。
サーセイは大嫌いだったけど、彼女の子供への愛情はやっぱりすごいし、贖罪のシーンはさすがに可哀想で目を背けたくなった。
黒の城でのジョンへの仕打ちも、許せないと思ったけど、オリーのことを思うと辛い。
そしてシリーンといいミアセラといいなぜあんなにいい子が死んでしまうのか…。
ドーンの強い女性達は好きだけど嫌い。
一方でデナーリスとティリオンの対面にはわくわくしたし、どんどん強くなってくサンサとアリアが頼もしい。
続きを観るのが怖いけど楽しみ。
デナーリス&ティリオンとかいうワクワク展開。ティリオンはどんどん活躍しますな。アリアの修行編もミステリアスで面白い。スノウ、、、
https://umemomoliwu.com/game-of-thrones-season5
回を追うごとにサンサとティリオンが好きになっていく
サンサはデモデモダッテでナイーブなお嬢様のままかと思いきや苦難に遭いすぎてどんどん強くなっていくね
てかサンサの旦那ことごとく残虐で(ティリオンは除く)サンサ可哀想すぎwww
ティリオンとデナーリス会った時は「いよいよ集約されてきた!」といやおうなくワクワクした

宗教ターンは、少女マンガの新たなライバル登場!みたいな印象で「もういいって……」ってなったけど、サーセイシーンで固唾を飲んだ。女優さんってすごい!
ティリオンとデナーリスが組んだのは期待できる。個人的にはこの2人に王国を任せたい!

サンサとシオンという組み合わせも新鮮。

9話目のデナーリスがドラゴンに乗って闘技場から去っていくシーンが最高。

サーセイのことずっと嫌いだったけど贖罪のシーンは、自分で掘った墓穴とはいえさすがに可哀想だった…
ホワイトウォーカーズが迫ってくるシーンは圧巻…!
レジスタンス、先鋭化した宗教の原理主義者、そしてホワイトウォーカー。ミーリーンで、キングスランディングで、壁の向こうで登場人物たちが対峙する「敵」の厄介さは、ホワイトウォーカーを除けばこの世界の厄介さそのもの。どちらにも絶対的な「正義」があり、妥結点もなく、相入れることもない。
散らばった登場人物たちは離合集散を繰り返し、その数を少しずつ減らしながら盛り上がり続けてる。

シーズン5の主役はジョン・スノウ。分断をなんとか乗り越えようとして仲間に暗殺される様はこの世界の現実を映しているようで物哀しい。まあ、物語から消えることもないから悲しむ必要無いか。
ただ、展開上全体的にチャージがかかるのが遅く、やや退屈な回も。ブレーヴォスとドーンのせいか。