ooo

ナイト・オブ・キリング 失われた記憶のoooのネタバレレビュー・内容・結末

4.0

このレビューはネタバレを含みます

真犯人探しが主題のミステリーかと思ったら、刑務所に放り込まれた男のサバイバルのお話でした。

ナズ、ストーン弁護士が凄く惹きつけられるキャラクターだった。
ナズはリズ・アーメッドの「気弱な好青年」と「屈しない強さを持つふてぶてしい青年」の演じ分けが面白い。あとフレディとの関係も。
フレディが力関係の上位にいる様に見えて実は、「ユニコーン」と言われたナズが二人の関係を主導していて、恋愛に近い関係にも見えた。
勿論、フレディの片想いです。ナズは生き延びる為にフレディを利用しているだけで。

ストーンが、ナズの弁護の為に奔走する合間に、保護した猫の事も世話をするので「忙しいのにまめによく動くなぁ」と思っていました。
最後の殺処分される動物の支援を呼び掛けるCMを見て、ストーンにとって留置場の犯罪者と殺処分される動物は同じなんだなと気付きました。
決して無能ではないのに、あまり評価されず報われない(しかも皮膚炎に始終苦しめられる)弁護士ですが、弱者を見過ごせない心優しい人物なのだと思います。

ナズとストーンだけでなくボックス刑事やフレディ達も個性的で、登場人物のキャラクターが面白い作品でした。