ねまる

獣になれない私たちのねまるのレビュー・感想・評価

獣になれない私たち(2018年製作のドラマ)
4.0
個人的にはすごく好きなラブストーリー。

ロマンチックできゅんきゅんする話も、好きなものもあるけど、苦手なものも多い。

ラブコメなんて向いてない。

だから、すごく現実に近いラブストーリー心に沁みて、時々泣きながら見てた。

どう進むか分からないこの作品を、最後まで見続けさせるものは、
ガッキーであり、松田龍平であるわけだけど、何よりも野木亜希子。
信頼してならない脚本家さん。

『アンナチュラル』の1話のミコトのプライベートの話を広げた感じかなと思ったけど、ミコトと晶は全然違うね。

ミコトでいう福士誠治の役割なのが、
田中圭であるわけなんだけど、底抜けに優しいけど甘えられないもどかしさね!

なんかものすごく分かる。

だからこそ、龍平が気持ちよくて。

はじめ、龍平に当て書きしてるのだとしたらズレてるかなとちょっと思ってたの。

ツッコミより天然ボケor何考えてるかわかんないを超えて何も考えていないような人のイメージなのと、
台詞回しがあっていないような感覚。

だけど後半自然と馴染めているのは、
結局他にいない松田龍平を野木亜希子は作ってみせたわけかと。

アンナチュラルの時も他でやってない役みたいってキャスティングだったし、
そう考える方が自然。

私も大人になったらTap5みたいな店見つけたいな。

職場でも、家族でも、友達でもない、新しい心の拠り所。