ちどりん

レ・ミゼラブルのちどりんのレビュー・感想・評価

レ・ミゼラブル(2018年製作のドラマ)
4.4
レミゼラブルには恥ずかしながら初めて触れた。
ロングセラーな訳がわかる気がする。
社会情勢の不安定な中で心の荒んだ様々な人間の営みが交錯する。
この先どうなるのかとハラハラしながらジャン・バルジャンを応援しながら見た。

たった一つのパンを盗んだところから始まるこの物語。
タイトルの意味の通り、登場人物のほとんどが悲惨な人生を一人一人が力一杯生きている。
すべてはこの社会の犠牲者なのだ。
コゼットたち夫婦はその暗い中での一筋の灯りのような希望のような存在であろう。