やまり

東京ラブストーリーのやまりのネタバレレビュー・内容・結末

東京ラブストーリー(1991年製作のドラマ)
4.6

このレビューはネタバレを含みます

何かが少し違えば!
愛媛の帰りだってカンチ、リカに向いたのに、、すべてはタイミング
特にリカみたいにゴー!って女はそれ以外のタイミングを許さないのかな~
電車一本早いのに乗った気持ちわかるな~来てくれる可能性への淡い期待と、もしまただめだったらカンチが来なかったら自分を建て直せないからそこだけは自分を守ったと思う どうしてもリカだったら実際どうにでも動けるし

リカ素敵 あんなの逃したら惜しい
結局リカとさとみちゃんどっちが幸せなのかわからないし比べなくてもいいけどリカみたいなの好き

やっぱりヒットしただけある~~!