momonomama

トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン シーズン2のmomonomamaのレビュー・感想・評価

3.7
2019年 アメリカ
ジョン・クラシンスキー、ウェンデル・ピアース、マイケル・ケリー

シーズン2の舞台はベネズエラ。
近郊で打ち上げられた衛星と、武器の搬入を不自然に思ったグリーア(ウェンデル・ピアース)とライアン(ジョン・クラシンスキー)がそれぞれ手繰り寄せられるように再会し、ベネズエラをぐちゃぐちゃにする。
結局、背後にはアメリカの大物議員がいるって、、、

まぁ、相変わらずCIAって無茶苦茶(笑
あ、今回はライアンはCIAの人間じゃなかったね。
息をのむ展開、、とかを狙ってるのか脚本が荒かった気がする。
時折、あれ??1話飛ばしてしまったか?ってくらいに話が飛んでたりした。
でもまぁ、全般的には面白かったかな?

ベネズエラのCIA支局長はジェネレーション・キルのパターソン、、、指揮官
他に冷酷な殺し屋マックス役はゲーム・オブ・スローンズの顔のない男、、とかクロッシングラインに出てた(セバスチャンってドイツ人)トム・ヴラシアでした。私、この役者さん好き(笑
ライアンに目ぇ、ぶすーーーって刺されてたけど(爆

シーズン3を楽しみに待っております。