Fumina

ボクらを見る目のFuminaのレビュー・感想・評価

ボクらを見る目(2019年製作のドラマ)
4.5
ラストの展開を事実として知っていたから、なんとか見ることができたが、あまりにも辛い。
恫喝、暴力、家族からの隔離で子どもたちに「自白」をさせていくシーンは、大人でも恐ろしくなる。
必死に無実を主張するも、警察に説得された親から自白を強制されるシーンは、どんな絶望か。
署名を拒否する姉に帰りたいと泣いて懇願するシーンには、自分の弟妹を重ねてしまった。

ラストまで見たら少しは救われるかと思ったが、彼らが失ったものは戻らず、つけられた心身の傷は無くならない。
その事実を痛感させられた。

ここで描かれる偏見や差別が今でも無くなっていないことは、今日の運動でも明らか。
それは、アメリカだけでなく日本も。