のんchan

ボクらを見る目ののんchanのレビュー・感想・評価

ボクらを見る目(2019年製作のドラマ)
4.5
ドラマは殆ど興味がないものの、仲良くしているフォロワーYちゃんからこのシリーズを勧めてもらっていた。
Yちゃんは優しいから、私のように強くは押さないけれど😅勧めてもらわなければ出会わなかった。観られて良かった✨
Netflix会員であれば必見でしょう‼️


【セントラルパーク・ジョガー事件】
1989年4月19日、公園内をジョギング中だった白人女性(当時28歳)がレイプされ、頭に重傷を負って意識不明で発見された事件。犯人として14歳から16歳の黒人やヒスパニック系の少年5人が逮捕され、6年から13年の実刑判決を受けた。

ところがこの事件、とんでもない冤罪事件だったのだ💢
政治的な目的から早急に事件を落着させたかった捜査・起訴の指揮を執る悪者の女性検事、その指示の下で警察による“自白の強要”、そして残念だが差別と偏見に満ちた“世間の目”

現場に物的証拠はなく、血液や体液などDNA鑑定の結果も一致しない状況だったにも関わらず、彼らは翌年1990年に有罪判決を受けることになる。

ケヴィンとレイモンド(14歳)、アントロンとユセフ(15歳)、そしてコーリー(16歳)の5人はセントラルパーク・ファイブと呼ばれていた。
コーリーは16歳だった為、少年院ではなく有罪数も多くなり、複数の成人刑務所で服役させられた。

本人達の気の毒さと言ったら涙なくして語られないが、それぞれの家族、親族がどんな思いで暮らし、また世間の反感の目に晒されながら生きて来たかを思うと、やるせなさ、憤りでこちらまで胸も痛み苦しかった。

さらに恐怖を感じたのは、マスメディアが寄ってたかって少年たちを叩きまくった事。実はその状況を作り出した人物がいた。それがなんとあのドナルド・トランプだった💢
当時トランプは、大金を出し『死刑制度を再び‼︎』と訴える新聞広告を掲載した。
劇中、TVインタビューで語っている若いトランプが映る。「少年は死刑にするべきだ!」と直接的に批判するシーンがあるのだ。
つくづくアイツを大統領に選んだアメリカ国民はどういう神経なのだろう⁉️と余りにも闇が深過ぎて全くもって理解不能だ。


しかし、日本にもある冤罪事件。
1件でも起きてはならない大切な人権問題。
政治が絡むなんて許せるわけがない‼️