daiyuuki

ブラックスキャンダルのdaiyuukiのレビュー・感想・評価

ブラックスキャンダル(2018年製作のドラマ)
3.8
5年前。 
人気女優・藤崎紗羅(松本まりか)の根も葉もない嘘の不倫スキャンダルが報道される。 
もちろん紗羅は釈明会見を開こうとするがその矢先、なんと不倫相手とされた俳優の棚城健二郎(波岡一喜)が不倫を認め、謝罪会見を行ってしまう。 
こうして、紗羅は世間の激しい炎上とバッシングの末、芸能界から抹殺され、母親は娘のスキャンダルを苦に自ら命を落としてしまう。 偽りの謝罪会見によって全てを失った紗羅… 
現在。 
世間から隠れるように生きていた元女優(山口紗弥加)は、かつて同じ芸能事務所「フローライト」に所属していた後輩女優から、不倫相手とされた男性が 「実はフローライトに金をつまれて嘘のスキャンダルを演じた」 と話していたことを告げられる。 元女優は、偽りのスキャンダルの真相を暴き、自らを陥れた人間に復讐するため、整形で顔を変え、矢神亜梨沙としてフローライトに芸能マネージャーとして潜入。 
夢と欲にまみれた芸能界で復讐を果たすために、所属タレントの様々なトラブルを陰で解決しながら、マネージャーとしてのし上がっていく。 
しかし復讐の果てには、誰も想像だにしない衝撃の真実が隠されていた… 
枕営業させられる女優、恋愛スキャンダルを起こすアイドルなど、ヒロインの目を通して芸能界の闇を描きつつ、ヒロインがターゲットを罠にかけて復讐していく過程は、どろどろしていて痛快。だが最後のターゲットの安藤政信に対しては、甘さが出たのが残念。
山口紗弥加を始めとする女優陣の演技が、印象的。