ボディガードー守るべきものーのドラマ情報・感想・評価(ネタバレなし)

「ボディガードー守るべきものー」に投稿された感想・評価

chie

chieの感想・評価

3.8
0
ラストが衝撃的!
すっかり騙された。
このみん

このみんの感想・評価

4.0
0
一気に見たらもっと面白い、でも、一気に見るには暗すぎる〜。。
ラインオブデューティの人々たくさん出てた!
Kawamur

Kawamurの感想・評価

4.0
0
これもおもろかった。
全体的に暗いけども、
アクションが豊富で、
ストーリーも複雑で、
だけど最後には伏線を回収して…
続きがあるなら見たいですな。
IvanTolstoy

IvanTolstoyの感想・評価

3.8
0
ある海外在住Youtuberの方がオススメしていた事をきっかけに観てみた。

デイヴィッド・バッド(リチャード・マッデン)が患っているPTSDの様子を彼はかなり好演していた。顔ドアップの瞳から、又顔の表情筋や息遣いなどからひさひしとその様子が伝わってくる。そしてあの大多数が魅了されるであろうあの堅いの良さ。スーツ姿に、ワイシャツ姿に、爆弾背負わされて半べそ食らっている姿まで全て画になるし、カッコいい、最早ずるい。それにしても彼のイギリス英語はかなり聞き取るのが難しかった。観始めた時、言語確認してしまった。"Ma'am"
イギリス英語って綺麗にフォーマルに発音出来たら魅力的だなあと改めて。

計6話ながら内容が濃く、最後の最後まで黒幕が明かされない展開にワクワクしながら鑑賞。緊張感のベールに常時包まれているドキドキ感は堪らない。
人気海外ドラマなどのように何シリーズ何十話とあるような、長過ぎないのも観始めるきっかけとしては良かったのかもしれない。

内務大臣ジュリア・モンタギュー(キーリー・ホーズ)との恋沙汰は正直あってもなくてもいいんじゃないかとどちらかとネガティヴな印象も持っていたが、観終わってみると、仕事上で専用警護に就いていただけでなく、あのようにプライベートでも関係を持ったからこそ強くなる事件解決への思いがあったのだと解釈すると必要な要素であった。これ以上のテロ行為の阻止とジュリアを殺した連中への恨みの強さがより伝わってきた終盤であった。

国を守らなければいけない立場の人間が間違った正義感というか己の名声の為に周りに構わず愚行を働く。内部に毒有り系はよくあるが、本作は飽きずに、どちらかと言うと楽しませて頂けた。ありがとう。?
FukudaEmico

FukudaEmicoの感想・評価

4.4
0
記録
後半にかけての緊迫感が最高
〇映画だったらマッド・ディモンが演じそうな役柄をリチャード・マッデンが好演。病的な感じがにじみ出てた。
〇緻密なミステリー小説同様、よくできすぎていて若干のうんざり感。といっても、最後まで手に汗握りながら見られました。すっかり、ドラマファンになっている自分が怖い。
〇真犯人の出現が遅すぎるのは、やはりずるい。MI5犯人説にしっかりミスリードされました。ナディアの豹変もしかり。トラウマのもと、アフガニスタンの体験話がなかったのがよかった。
〇一番の驚きは、最終話の爆発物処理班のアジア系役者さん。20~30年前の自分にそっくりでした。
kmickey

kmickeyの感想・評価

2.9
0
イギリスドラマは、久しぶりだけど、それなりにの感じ。イギリス英語は、分からないことや聞き取れないことも多かった。
sogood

sogoodの感想・評価

4.3
0
最後まで騙された・・・
黒幕知ったうえでもう一回見れるな
Netflix隠れたオススメです!
tom

tomの感想・評価

3.9
0
元軍事でトラウマをもつ警官が要人警護の任務につくが、要人が暗殺され罪を着せられる。全体的に暗いトーンで話が進んでいくのが見ていて少し疲れる感じもあったが、誰が黒幕なのか、主人公は最後まで戦い抜くことはできるのか、先の読めない展開で楽しめた。
>|