獄門島のドラマ情報・感想・評価・動画配信

獄門島2016年製作のドラマ)

公開日: 2016年11月19日

製作国:

3.8

「獄門島」に投稿された感想・評価

視聴 2018.11.25
kao

kaoの感想・評価

3.0
0
何かしながら見るからよくないんだろうけど、イマイチ内容が入ってこなくて見終わるまで時間かかった。
(話は知っています)

エキセントリック金田一、ラストがいちばん面白かった。

もののあはれなり…
かさ

かさの感想・評価

3.5
0
長谷川さんなかなかキチガイ
MitsuhiroTani

MitsuhiroTaniの感想・評価

4.1
0
長谷川博己のトンガった金田一耕助に痺れる本作。
自宅パソコンに、以下のメモあり転記。

横溝正史好きとあらば、金田一物を見逃す訳にはいかない。そもそも僕ら映画好きは、どこか二時間ドラマを馬鹿にするところがあるし、金田一物と言えば巨匠市川崑×石坂浩二以外を認めない自分がいるのも事実。平日の深夜仕事から帰り、晩飯を食べながら、録画していた本作を観て衝撃を受けた。もしかしたら、これが本物?そんな思いが走る新しい金田一耕助だった。ロケ中心で、ドラマ特有の不用意に明るい照明もなく、ざらついた感じの映像は限りなく映画クオリティ。そして何より、神経質でどこか自信過剰な長谷川金田一が最高に魅力的だった。早く次回作が観たいな。
さば

さばの感想・評価

3.8
0
前に観たときは、金田一耕助の人物像が全然違くて正直ちょっとがっかりしたんだけど、こういうものだと思って観れば普通に良い。
ちょいちょいかっこいい曲流れるな〜と思ったらマリリン・マンソンでウケる
eriren

erirenの感想・評価

-
0
記録

斬新な金田一
映像、音響がセンスも含めて
好みだった!

長谷川博己がかっこいー!
これきよ

これきよの感想・評価

4.0
0
戦争によってトラウマを抱えているという設定の、新しいけどやや凶暴(?)な金田一でした。
最初のシーンからそこはかとなくエキセントリックというか、狂気がただよっているなーと思いました。
特に強くそう感じたところは、戦友を看取ったときのことを思い出すシーンや、探偵をしている理由を語るシーンなどです。

うまく表現できないけれど。

クライマックスの犯人と対決のシーンが圧巻で、見るたびにドキドキします。

この作品で、マリリン•マンソンを知って、金田一耕助にハマりました。
そのじつ

そのじつの感想・評価

3.5
0
NHK版のファースト金田一をやっと見た。
ハセヒロらしい破天荒なところのある金田一像が新しい。
そしてまた、これまでの金田一シリーズが良しとしてきた家父長制やら運命やらをまっこうから否定する態度表明も新しい。

復員兵である金田一、本当の地獄、本当の悪魔はなにか…という厭世的気分を隠さない。
己が熱くなれる謎解きこそが、この世に止まれている理由だと思い至る。
殺人を未然に防ぐのが目的ではない。おこった事件のわけを知りたいのだ。それは戦争でなすすべもなく死者を見送ってきた彼が、死者たちはなぜ死なねばならなかったのか理由を探し続けているという事かもしれない…

市川崑の映画化作品は、殺人者側の背景に寄り添う演出になっていたよえに思うが、NHK版は金田一自身の思いを反映させた脚本になっていて興味深い。

しかし噂には聞いていたが、ディオ顔負けの無駄無駄無駄無駄〜!!にのけぞった!奥田瑛二の顔芸も素晴らしかったです(^^)
magotaro

magotaroの感想・評価

3.9
0

このレビューはネタバレを含みます

「見られていた」の怖さ。
金田一耕助の狂っている一面を描いていたのが良かった。その、長谷川博己が狂い回っているシーン、ロケ地は佐渡のとあるお寺ですが、実際に訪れると想像以上に静かで古く、怖かった思い出。(良い所です)ナイスロケーション。
>|