ビッグ・リトル・ライズ2のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「ビッグ・リトル・ライズ2」に投稿された感想・評価

ian

ianの感想・評価

4.0
0
やっぱり役者が良いと、ここまで違うかと。
みんないいけど今回のシーズンは…

メリル・ストリープ!やっぱり天才中の天才じゃん…
とメリルが出てくる度に、思わざる負えなかったシーズンでした。
シーズン1を見終わって有料だったけどシーズン2も気になって一気見してしまった。
1のもやもやは解決したけど、警察に行った後みんながどうなったのか、その後が気になるので不可能とはわかりつつシーズン3を期待します。

あとボニーは中島美嘉に似てるし、ジェニーも誰か日本の女優さんに似てる人がいるよなあと気になってます。
かいと

かいとの感想・評価

4.1
0
メリル・ストリープこわっ
M

Mの感想・評価

4.7
0
キャスト豪華で、全員が全員演技力あるから見入っちゃう 話が進むにつれてローラダーンが大好きになってしまう(笑)オープンカーの上から中指立てて走り去るのとか裁判所で毎回金属チェック引っかかってるのわろた
ゾーイクラヴィッツとお母さんの心の繋がりとか謎にスピリチュアル挟まってて面白かったな
しめさば

しめさばの感想・評価

4.5
0
あたしのハートの欠片を持っていけ
粉々に壊して持っていけばいい
それであんたが幸せになるのなら

メリルストリープVSニコールキッドマン
貫禄ある両者の迫真の攻防戦劇、見事でした。
いつもグレーかブルーの服装をしていたセレステが最後は薄付きのピンクスーツで母性に身を包んでいたのが印象的だったな。
彼女らの白か黒かでなく迷いや葛藤があり、酷く醜い記憶の中にも時には安らげて幸せな記憶があるという部分にフォーカスし落とし込んだのは凄く良かった。
マデリンやレナータは世間体から離れて見れば主張の強いブロンドビッチなのだけれど、思い遣りと誠実さ、愛情に溢れた人柄というのを今シーズンはより感じられたかな。
かりそめのケジメから本腰のケジメを着けに行く形になったけど、それが又どう彼、彼女らの関係性に綻びや結束を持つのか見届けたい。
ラユム

ラユムの感想・評価

4.2
0
前シーズンラスト、私には二重の衝撃で終幕。そのひとつボニーの行動の理由が今シーズンで判明。ボニー演じるゾーイ・クラヴィッツは元から痩身なのに今回の役作りなのかもっと細身で調子が悪そうなのが印象的。姑役のメリル・ストリープ、一見優しいが裏にある腹黒な部分も絶品。すごい練られてる秀逸な作品だった。
yun

yunの感想・評価

4.5
0
メリル・ストリープの参戦で止まらないドタバタ劇。

秘密というのは家族を蝕んでいきますね〜。ゾーイの「この秘密は私たちの友情」というセリフは少しデスパレートな妻たちを思い出しました。(それより深刻ですが..いや抱えてる問題は一緒でも描かれ方が大分違いますねw)

メリル・ストリープのあの厄介な姑。本当に演技が素晴らしすぎて憎まざるを得ませんw
ズケズケ生活に入ってきて我が息子に非はないと信じていて...いわゆる悪い人ではないから嫌いになれず難しい。彼女が孫2人に亡き息子の話をしているとき、セレステがハッとした顔で彼女を見たんですよね。セレステにとって自分の命より大事な息子たちは、彼女(義母)にとってのペリーである。

母の強さに対し家族の脆さというのを感じたシーズン2でした。
TaeOgawa

TaeOgawaの感想・評価

4.5
0

このレビューはネタバレを含みます

いやー、ずっとこんな素敵女子ボニーがネイサン?って思ってたから、すごくスッキリしたww
レナータの旦那がクソ過ぎて、初めてレナータに同情したww
ポチ

ポチの感想・評価

4.5
0
女の世界です、、、
このキャストの豪華さ!!

セカンドシーズンになって吹き替えがなくなりました。
セカンドシーズンでメリル・ストリープ参戦ってすごいですよね。

メリル・ストリープ出るんだ、、くらいのポテンシャルだったのに…

メリル・ストリープがすごい!!!

こんな女の人居るよね…の集大成!
多分字幕とかなくても、役作りと、役への入り込み方が伝わり、その人になっているのがわかるんです。

〝 この人メリル・ストリープ?〟ってなるくらいで、ドラマ枠独自のものだと思います。
ニコール・キッドマンが好きで観ていたのですが、メリル・ストリープが本当にすごい!良い人なのにイヤなおばさん。これって表現できるんですね。

いろんなタイプの大人の女性のイヤな所と素敵な所と、女って不思議な物語。
それをアカデミー女優陣でドラマにしたすごいドラマ。

『 デスパレートな妻たち』と割と内容は同じ感じなんですが、雰囲気がグッと重圧になり、身近になります。
中村錬

中村錬の感想・評価

-
0
海外ドラマにハマったきっかけ的作品
>|