水辺の君に

トクサツガガガの水辺の君にのレビュー・感想・評価

トクサツガガガ(2019年製作のドラマ)
-
原作未読。
NHKで実写化したことが正解だったんではないか?と思わせる出来栄え。原作のテーマを短い話数に盛り込みつつ、劇中劇のジュウショウワンとエマージェイソンが上手く叶の日常シーンとボーダレスに出てくることでオタクのマインドを上手く説明してました。
また、特オタメインでありながらも隠れオタのあるあるを上手く描いてましたし、演出面でも上記のボーダレスさやジュウショウワンのディテールやスーツアクタといった面に東映の協力も得つつ、制作側の本気がちゃんと伝わってくる作品だったからこそ視聴者に刺さったんだろうし。
さらに、好きという対象への想いや好きという価値観を上手く描いてるからこその面白さもありました。
そして、それを小芝風花が演ることでより良くなってたのは間違いなくて。演技がハマってましたねー。
ラストのエマージェイソンの名言
「好きな気持ちは消えてなくなるわけじゃない」
「何かのきっかけあれば何度でも思い出す」
「だから、きっと僕らはまた会おう」
これは感動レベルの名言!!!

続編希望ですね!